できること。できないこと。

カテゴリ:PC( 27 )

あ~ノートPCのボリュームスライダー壊しちゃった

何か久しぶりの投稿ですが。
皆様お元気でしょうか?

表題の問題につき現在爆音中w

近いうちにUSB接続のオーディオインターフェイス買うかなぁ。
この金のないときに(苦笑)

あ、そうそうAndroid機入手。
そのうち記事書きます。
英語環境で使っています。
[PR]
by Blain-Baster | 2011-01-24 01:30 | PC

SMPlayerでパフォーマンスをあげるコツ

Blain-Basterです。予定していたMPlayer系のネタ。

MPlayerってプレイヤー知っていますか?
MPlayer公式サイト http://www.mplayerhq.hu/
私は毎日使っていますが、使い方がやや難しいプレイヤーです。
何故かって?MPlayer系は自分で調べないと全くオプションすら分からないのです。
「マニュアル嫌いです/読みません」派の人たちにとっては天敵かもしれない。

これほど便利なアプリもないんだけどね。
Simple is bestを地で行くこのアプリは大好き。
無しの生活が考えられない。

そのMPlayer系でも使いやすい高機能フロントエンドSMPlayerをターゲットにしました。
http://smplayer.sourceforge.net/
使うときによりパフォーマンスをあげるコツをいくつか伝授。
詳しくは同梱の「mplayer.html」か「doc」フォルダを眺めるのが一番速いのだけれど。



まず、インストール時に自分のプロセッサーにあったMPlayerを選ぼう。
デュアルコア、マルチコアならMT版を選ぶべきである。
パフォーマンスも大幅に上がる。


環境設定-全般-全般
すべてのファイルの位置を記憶するのチェックをはずす。
終了やムービーの停止時に記憶するのでなかなか終わらずイラつくことも。


環境設定-全般-ビデオ
出力ドライバーを決め打ち。
どれが使えるかは環境によりけりなので、コンソール(コマンドプロンプト)で「mpalyer -vo help」とうちエンター。画面に使えるドライバー一覧が表示される。
どれが高速で動くかはこれまた環境次第なので高速動作するやつを丹念に探す。
Winは「directx」、Linuxは「xv」か「gl」が多いと思う。
再生支援を使う場合、Winでは最新のffdsowをインストール後「directx」、
Linux/UNIXでは最新のドライバ当てlibvdpau、libvaインストール後
MPlayerをインストール、ドライバーを選択と進む。
使えるのなら使うといい。


環境設定-全般-オーディオ
こちらも出力ドライバー決め打ち。
例により環境によって違うため、コンソール(コマンドプロンプト)で「mpalyer -ao help」と打ち事前に見ておく。
Winは「win32」、Linuxは「alsa(KDE、GNOME)」か「pulse(GNOME)」あたりお勧め。
何も分からないなら「alsa」を選択。一番無難な方法。


環境設定-パフォーマンス-パフォーマンス
フレームドロップを許可(-framedropオプション)。
基本中の基本。H264では非常に役立つ。

マルチスレッド版限定(ファイル名にmtとつくもの)の方法。
デコードスレッドを1から上げる。
デュアルなら2、クアッドなら4。
ハイパースレッティングが利いてるなら掛ける2倍。
必要以上に上げても効果が薄くなるので微妙な匙加減が重要。

ループフィルターを無くすorHDビデオのみスキップ。
フィルター掛ければ当然パフォーマンスは落ちるのでそれらを削っていく。


環境設定-パフォーマンス-キャッシュ
キャッシュの数値を8192KB(1024*8)へ変更。
これ実は動作速度が遅いときに出る警告の部分に書いてある方法。
結構効き目は良いので重宝します。
あとこれ以上にしてもあまり意味はないので欲張らないように。
メインメモリが少ない場合はモッサリ現象の自爆スイッチなので適宜増減するように。


環境設定-インターフェイス-シーク
タイムスライダーの挙動。


環境設定-インターフェイス-フローティングコントロール
アニメーションを切る。
ウィンドウマネージャーの透過も切っておくとさらに軽くなる。


環境設定-詳細設定-MPlayerのオプション
個別に渡したいオプションがあるなら書き記す。
大抵はなくてもOK。


ここからはSMPlayerというより一般的概論。
コンテナーとコーデックを一考する。
H264/AVCは整数演算遅い数世代前のCPUでは死亡フラグ。
特にHighプロファイルは自ら死刑執行書にサインするようなもの。画質気にしないならプロファイルをMainあたりへ落とす。
同様に高性能だけどMKVはシークが遅いので、MP4(あんまり速くはない)かAVIに変えてみる。
代替コーデックとしてtheora(30fps)、Xvid(24fps)あたりお勧め。
wmvあたりも動きが速い映像には有効。60fpsなどの高画質でも思ったより軽い。
コンテナーはaviではなくwmvに格納するとさらに吉。


まあもっと軽いものを求めるのなら、
フロントエンドを用いずにコンソール(コマンドプロンプト)から実行するのが最も軽量なんだけど(笑)
書いている筆者の起動回数では最も多い。
マニュアルは一読しておくべし。

More
[PR]
by blain-baster | 2010-04-15 09:00 | PC

何を今更

全く、今更にもほどがある。
今日こんなメールが来たのだが、こんなメール書くぐらいならSFTPの導入本気で考えたら?
私は無料ユーザーだから良いけど、有料ユーザーだっているんだし。


(メールの内容、貼り付けはじめ)
=====
※このメールはFC2サービスをご利用の方に送信しています。

☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~~・,。★。,・~~・,。☆。,・~

■ コンピュータウィルスとFTP接続についてご注意ください! ■

サイトの改ざんをするウィルスが猛威をふるっています。
ウィルスに感染したPCをご利用になっていると、
レンタルサーバやホームページに接続するFTPのパスワードを盗まれ、
更なる被害を拡大する恐れがあるので、対策を実施してください。
http://blog.fc2.com/click/?adid=1768

=====
(貼り付け終わり)


More
[PR]
by blain-baster | 2010-02-18 09:00 | PC

HD動画のススメ

古い記事なんだけど…。
まだ役立ちそうだから載せておこうかと思う。
リンクは全て存在することを確認済み。



Q) MPEG-2 トランスポートストリーム(MPEG-2 TS)、AVCHD、H.264とかのHD(ハイデフ)規格を再生(720p、1080i、1080p)したいのですが?

A) HDビデオ(MPEG-2 TSは除く)でも8Mほどの低ビットレートならSDビデオ再生のものでも対応可。面倒なのは高ビットレート。
ここが最も詳しく解説しているように思うが、技術的な話なので訳分らんという人も多いでしょう(特に用語とか)。
フリーオ(friio) 地デジHDアダプター wiki TSファイル再生の話「http://www29.atwiki.jp/friio/pages/22.html
噛み砕いて説明してみますね。

どのぐらいか程度にもよるがフルHDサイズ(1080p=画面解像度1920×1080の順次走査)での再生を基準に解説。
<テレビやディスプレイには走査線と呼ぶ縦横に張り巡らせたラインがある。>
<上から順次描画をしていくのが順次走査(プログレッシブ、略してpと末尾につく)、一つ飛びに描画をしていくのが飛び越し走査(インターレース、末尾にiがつく)。>
<縦の解像度の値+走査線の種類という書き方が略称として用いられる。>
<パソコン用のディスプレイはインターレースに弱いので、インターレース動画に対してデインターレース処理(インターレース解除)を行うのです。>

一番動作が重いのでこれが再生できれば、他は問題なく再生できると思うから。
音聞くだけならスペック低くても別にできるんじゃないの?と思った方。普通に聞き取ることすら出来ません。
飛び飛びで聞けるならまだマシ、再生した瞬間固まります。運悪いとOSごと道連れにフリーズ。
(冗談ではなく本当に起こるw)
じゃあ環境がそろっているかまず確認。
必須(これ以下はまず無理と考えたほうがいい)
CPU:Pen4 3.2GHz以上、メモリ:2GB以上(ページファイルで1GB軽く使う)、VGAに再生支援機能があること、19インチ以上のディスプレイもしくは液晶テレビ(DVI、VGA、D5、HDMI接続)
推奨
CPU:デュアルコアで2.2GHz以上、メモリ:2GB以上、VGA:RadeonHD 3000シリーズ、Geforce8000シリーズ以降、20インチ以上のディスプレイもしくは液晶テレビ(DVI、HDMI接続)

1の方法。こちらは設定しなくても再生可。その方法はVLC Media Player(1.0.1)を使うこと。
正直なところMPEG-2やH264なら何でもいいらしい。AVCHD形式のファイル(ビットレート10M/H264+AC3で拡張子が.mp4)の再生も確認しました。
ただ、再生時一瞬止まるような仕草を見せる(たぶん読み込み、キャッシュを貯めているだけだと思う)ので驚くかもしれませんが。

2の方法。設定が面倒だが、私はこちらを勧める。明らかに再生負荷が低い。
それにm2tsのファイルとかでも余裕を持って対応できる。
手順。CCCP(Combined Community Codec Pack)、Guliverkli Splitter Pack、再生に使うMPC(CCCP内に入っていますが英語です)の日本語版がよければ日本語版をそれぞれネット経由で入手。
Combined Community Codec Pack 「http://www.cccp-project.net/
Guliverkli Splitter Pack 「http://sourceforge.net/projects/guliverkli/
MediaPlayerClassic Homecinema日本語版(今回使用したのはRev1212、通常数字が一番大きいものを選ぶ) 「http://www16.plala.or.jp/na743/mpc.html
あ、あとDirectXランタイムも最新版へアップデートしておこう。
DirectXダウンロード 「http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=2da43d38-db71-4c1b-bc6a-9b6652cd92a3
ではインストール作業へ。作業工程はDirectX、CCCP、Guliverkli Splitter Pack、MPC-HC日本語版へ書き換えの順で行います。
DirectX、Combined Community Codec Pack、Guliverkli Splitter Packはインストーラを起動、指示に従いインストールしていってください。
別に難しいことはありませんし、特に設定は触らずにNext(alt+N)を連打していけばOKです。

3つ目のGuliverkli Splitter Packまでは比較的楽に出来ると思いますが、4つ目の日本語版への書き換えがつまずくかも知れません。
ではその手順。
まず日本語版の圧縮ファイルを任意の場所に解凍。
エクスプローラで次の場所へ移動。「C:\Program Files\Combined Community Codec Pack\MPC」
これがMPC-HCの本体がおいてあるフォルダです。書き換え前にフォルダ内のすべてのファイルをリネームするなり、適当なフォルダに入れて退避させるなりバックアップを取っておく。
(こうやって慎重に作業していけばたとえ見えなくてもかなり広範囲は作業が出来るものです)
その後フォルダ内にあるすべてのファイルを削除。
解凍したファイルを確認。あるのは次の3つ。「mpciconlib.dll」「mpcresources.ja.dll(日本語用言語ファイル)」「mplayerc.exe(MPC-HCプログラム本体)」
これらをさっき開いた場所へすべてコピー。これで完了です。

本体プログラムの設定。スタート、すべてのプログラム、Combined Community Codec Pack、Playersとなぞっていき中にMedia Player Classic Homecinemaというのがある。
これをクリック。本体が起動します。
Altを押し、表示にフォーカスをあわせて、その中のオプションを選択。
触るのは今から言う部分だけ。まず、下キーを数回押すと再生と呼ぶ部分がある。ここで右キーを押し、2回下キーを押す。そうすると出力と呼ぶ部分があり、ここがまず1個目。
Tabキーを一回押しフォーカスをレンダラの設定にフォーカスを移す。
ここで「Haaliビデオレンダラ」が選べる場合はこれに、出来ない場合は「EMR7(ウインドウ)」にあわせてタブキーを数回叩いてOKのボタンまで行き、OKを選択。
また同じ手順でオプションを呼び出し、再生で今度は左を押し(下にいけないのでしまう)下を一回押すと内部フィルタと呼ばれる部分がある。ここで右。
次にTabキーを押しソースフィルタのグループ内で「AVI」「DirectShow Media」「DTS/AC3」「Matroska」「MP4/MOV」「MPEG Audio」「MPEG PS/TS/PVA」すべてにチェックが入っているか確認。
終わったらTabキーを一回押して変換フィルターのグループへ移動。
この中の「AAC」「AC3」「DTS」「LPCM」「MPEG Audio」「MPEG-2 VIDEO」「H264/AVC(DXVA)」「VC-1(DXVA、Radeonシリーズのみ)」のすべてにチェックが入っていることを確認。
終わったらOKを押し確定。
もう一箇所。またオプションを呼び出し、数回下を押し音声切替といわれたらTabキーを押し、設定項目へ移動。チャンネルマッピングを有効にするという項目にチェックを入れ1もしくは2と設定。
これでOKを押す。ここまで終わってやっと見れます。
サンプル動画をダウンロードして再生するか試してみよう。
ここで入手できる。
小寺信良の週間「Electric Zooma!」(MPEG-2 TS)
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070328/zooma300.htm

できましたか?
もし再生されない時はシステムデフォルトにしてみて。
筆者の環境下<CPU:AMD Phenom2 X4 945、メモリ:4GB、VGA:ATI RadeonHD 4670>では上2つのレンダラが使えず、システムデフォルトしか使えませんでした(しかし再生支援は利いている)。
ATI Stream用のコーデックを別途導入しているからだと思いますが。
参考リンク

MB-Support エムビーサポートMedia Player Classicのインストール方法「http://mbsupport.dip.jp/mb/mb016.htm

<ここから下、更に使いやすいMPC-HCに変える為の裏技-上級篇>
実はMPC-HC標準のMPEG-2デコーダ、高レートTSでは描画の際カクつくことある(そもそも再生支援DxVAが利いていないのかも)そうであまり評判が良くありません。
(私は分らないんですが、弟の話では15M以降のTSファイルで良く起こるとの証言をもらった。事実30MのTSファイルを再生したら音声が途切れることがあった。)
そこで外部フィルターを用いて設定を有効にすると改善するようです。ぜひ実践してみてください。
すでにCyberLink社のPowerDVD8か9をお持ちでしょうか?あったら変えることが出来ます。
なくても体験版をインストールすることで変えることが可能です(一応使っている間はアンインストールせず残しておいたほうがいいでしょう)。
PowerDVD9 UltraもしくはDeluxeを使用します。今回の改造では筆者所有のPowerDVD9 Ultraを使用しています(アップスケーリング期待して買ったけどほとんど使っていないなぁw)。
これを機会に購入という方はこちらをどうぞ。価格はUltra¥11,800、Deluxe¥9,800(ダウンロード版)だそうです。「http://jp.cyberlink.com/products/powerdvd/overview_ja_JP.html
体験版はこちらへ。「http://jp.cyberlink.com/prog/trial/trial.do?productName=powerdvd&tp=1&lang=ja_JP

おっと話が横にそれた。今回使用するのはCyberLink社のMPEG-2デコーダとMPEG-2用Demuxer(ムービーを映像と音声に分離するフィルター)。
あ、PowerDVD9に音声デコーダもあります(それも流用可能)。でも9の音声デコーダはややバグ持ちのようですし、MPC-HC内蔵の音声デコーダも質が良いので薦めません。
しかし、使うとドルビーバーチャルやドルビーヘッドフォンの機能を使うことが出来ます。使いたい方はどうぞ。

とりあえず標準の場所とファイル名。そして移動ではなく、必ずコピーして使ってくださいな。PowerDVD 9まで動かなくなっちゃうよ(笑)
MPEG-2デコーダ:CLVsd.ax「C:\Program Files\CyberLink\PowerDVD9\VideoFilter」
MPEG-2Demuxer:CLDemuxer.ax「C:\Program Files\CyberLink\PowerDVD9\UPnP」
あと音声デコーダも書いておく。デコーダ本体と付随する機能を提供するライブラリも一緒にコピーして持っていかないと意味ないので注意。
MPEG-2音声デコーダ:Claud.ax「C:\Program Files\CyberLink\PowerDVD9\AudioFilter」
ドルビーヘッドフォン用ライブラリ:DolbyHph.dll「C:\Program Files\CyberLink\PowerDVD9\AudioFilter」
ドルビーバーチャル用ライブラリ:ComTruSurroundXT.dll「C:\Program Files\CyberLink\PowerDVD9\AudioFilter」
これらすべてを「C:\Program Files\Combined Community Codec Pack\MPC」へコピー(音声はお好みで)。
MPC-HCを開き、表示、オプション、さっき使った内部フィルタを開き、変換フィルタのグループ内にあるMPEG2ビデオのチェックをはずします。終わったらOKで確定。
次にまたオプション画面まで戻り、内部フィルタで左を押してツリーをしまい、ひとつ下へ。
そこに外部フィルタと呼ぶ場所があるので呼ばれたらTabキーを2回ほど押し、フィルタの追加へ移動。エンターを押して画面を表示させる。
その中から「CyberLink Video/SP Decoder(PDVD9)」を選び、追加。シフトキーを押しながらTabキーを一回押し戻り、下キーで「CyberLink Video/SP Decoder(PDVD9)」を選び、まずシフトキーを一回。
次にTabキーを2回押す。そうすると、メリット値を設定といいますので、上下のキーで優先するにしてスペースキーを押し変えます。
これで外部フィルタ「CyberLink Video/SP Decoder(PDVD9)」は有効になりました。「CyberLink Demux(PDVD9)」「CyberLink Audio Decoder(PDVD9)」を有効にする方法もまったく一緒です。

じゃあ、設定を変えるには?実はさっきの外部フィルタのフィルタ名のところでダブルクリックをして開きます。(キーボードで変えられないのだろうか?)
PowerDVD9を使った場合変える必要がまったくないので省きました。デフォルトで再生支援であるDxVAがオンになっています。
ただ一応知っておいてください。
参考リンク
TS初心者勉強会スレ 勝手にまとめ TSについてのまとめ「http://f38.aaa.livedoor.jp/~gorira/ts/tenki.html




ではでは。

ちょっと一言
[PR]
by blain-baster | 2010-02-13 09:00 | PC

じゃあ再度セキュリティを確かめてみようか

Gumbler.x系や8080系がはやっている。
十分注意されたし。
なお、Gumbler系(すでに終焉)、Gumbler.x系、8080系全て違う物と認識したほうが良い。
So-netのセキュリティ関連ニュースは大変為になるので気になる方は読んでおく事を勧める。
http://www.so-net.ne.jp/security/news/view.cgi?type=2&log=top

基本中の基本 (2010/2/26 一部修正&加筆)
・OSのパッチや更新を適宜適用しを最新に保つ(Win、Mac、Linux)
・Adobe Flash Player、Shockwave Playerを最新へアップデート(Win、Mac、Linux)
・Adobe Acrobat Readerを最新にアップデート(Win、Mac、Linux)
・Adobe Airを最新にアップデート(Win、Mac、Linux)
・Adobe Acrobat Readerが必要ないのなら代替プログラムで賄う(Mac、Linux)
・Adobe Acrobat Reader(代替のプログラムでも)のJavaScriptは無効にする(Win、Mac、Linux)
・Java Runtime Environmentを最新へアップデート(Win、Mac、Linux)
・QuickTime Player(iTunesを使っているなら必ず入っている)、Real Playerプラグインを最新へアップデート(Win、Mac、Linux)
・必要のないアドオン、プラグインはこまめに消す(Win、Mac、Linux)
・ActiveX(ハンゲームなどウェブゲームをする人は必要なので注意)を使わないなら無効化しておく(Win)
・アンチウイルスソフトの定義ファイルを最新に(Win)
・定期的にシステムフルスキャンを行う(Win)
・管理者権限のユーザーではなく、一般ユーザーを使用する(Win、Linux)
・rootパスワードは英字/数字を絡めて使い分かりづらいようにする(Mac、Linux)
・時々rootパスワードを変える(Mac、Linux)

あとここら辺も注意。
・使わないプログラムはアンインストールしておく(Win、Mac、Linux)
・時々タスクマネージャーなどで不審なデーモンが動いていないか確認する
・不必要にポート開放を行わない
・出来ることならWEB管理用と通常使用とPCを使い分ける
・P2Pによるファイル共有は多大なリスクを背負うと理解する

今回はScriptを使うそうなのでブラウザーのScriptは切ってウェブブラウズする方が大変安全である。
ただ使えなくなるサイトがかなり出ると思うので、アドオン「NoScript」などを有効活用すると良い。

チェッカーはこのあたり。
疑心暗鬼でどれが良くてどれが悪いのか取捨選択出来ない人は試してみると良い。
ただ、参考程度にとどめておくのが吉。
GumblarChecker 2 rev142(8080系)
http://gumblar.s1.dynamitelife.net/
Gumblar.X Checker(Gumbler.x系)
http://gumblar.s1.dynamitelife.net/gumx/
aguse.jp(Gumbler.x系、8080系 かなり万能)
http://www.aguse.jp/

FTPクライアントソフトについて…
あまりに酷いので少し触れておく。
まずFFFTPの作者、曽田氏の英断に感服&尊敬する(私も使っていました)。
ただ現状通常のFTP転送ではどのクライアント使っても一緒。
FFFTPだけやり玉に挙がっているのは可笑しいにもほどがある。
彼は未然に漏洩するかも知れない部分を公開し、最善を尽くしたのだ。
SFTPでも使わない限り安全とは言い難いのに。

-----
最後の最後にお知らせ。
今後はこのブログのみ更新し、Livedoor側のミラーを閉鎖します。
(RSSの問題は解決したみたいなので)
RSS登録されている方はアドレスの変更をお願いします。
RSSフィードのアドレスは以下の通りです。
http://rss.exblog.jp/rss/exblog/blain/index.xml
http://rss.exblog.jp/rss/exblog/blain/atom.xml (見出しのみ)
[PR]
by blain-baster | 2010-02-08 09:00 | PC

openSUSE11.2のレビュー(今までで一番早いレビュー)

とりあえずアルバムにスクショアップしておいた。
わくわくしすぎてなんか寝付きが悪かったぞ(笑)
http://cid-43d2ac0f97846ca7.skydrive.live.com/browse.aspx/openSUSE%5E_11.2?lc=1041

インストール環境
CPU:Intel CeleronM 1.3GHz L2=1MB
MEMORY:Samsung DDR-SDRAM PC2100 512*2=1024MB
VIDEO CARD:Onboard (64MB、BIOS上で下げることも可)
HDD:IDE 5400rpm 80GB
DRIVE:DVD Super-Malti

使ってみた感想。まぁ全体的によくできてる。これは予想以上。
マイルストーンの頃より洗練されている。
サウンドがたまに出ないことがある(バグらしい)が、それ以下は及第点以上でUbuntuの新版よりいい印象を受けた。
若干気がかりなのがファイルシステム。
今回ext3ではなく、ext4にしてみたのだがこのファイルシステム、練度が低く(まあ当たり前だけど)バグも多い。
これがどう出るか。ファイルシステム起因のトラブルは一回であっただけで他はなかった。
(dolphin使用時にファイルが消えた。その後元に戻る)

KDEはド安定の一言。いいねいいね。
スクショは見てみたそうな初期アプリを取ってみました。
では。
[PR]
by blain-baster | 2009-11-13 07:58 | PC

openSUSEインストール中

今インストール作業に入った。
あと数十分で終わる予定。
[PR]
by blain-baster | 2009-11-13 00:07 | PC

ちょっとは空気読め!

geekoのいるノート、gnomevfsとFFmpegが壊れてしまったようだが?
タイムリーすぎるでしょ~に。
インストールDVDディスク(11.1)更にどっか紛失してしまった(ぐは
公式から一応拾ってきておいたが、あと5日もすれば新バージョン出るんだし気にせず使うことにした。
ちなみにこのケース二例目。我ながら本当に学習能力がないよねぇorz
前回は(10.3)。そのときはMandrivaへ浮気→また戻ってきて(11.1)。

困っているのはとりあえず音楽ファイルの一部が鳴らない(AAC)こと、ムービーの音声が出ない(AAC音声)ぐらいか。
foobar2k+VLCで粘ってます。
そういうことなんで皆様にはいち早くopenSUSE11.2のレビューができるかと思います。
乞うご期待(笑)
[PR]
by blain-baster | 2009-11-08 09:00 | PC

vdpau試して見た(LinuxMint篇)

Linux/UNIX関連の話題。
Windowsの人はまったく関係ありません。読み飛ばしていただいて結構(笑)

MPlayerによるvdpau試してみました。
Xineその他もあるそうですが、いろいろしがらみが多いし失敗時のリカバリが面倒なのでMPlayerが一番便利かと思います。
必要なものは大体ココにそろってる(笑)
https://launchpad.net/~nvidia-vdpau/+archive/ppa
リポジトリの登録はこれがわかりやすい。
https://launchpad.net/+help/soyuz/ppa-sources-list.html
1. 180.16以降のNVIDIA Driver(リンクは最新のUS版,Ubuntuは上のリンク先で取得。190番推奨。)「http://www.nvidia.com/object/linux_display_ia32_185.18.36.html」
2. vdapu core API(パッケージマネージャ内に登録されてると思うから『vdpau』で検索)「ftp://download.nvidia.com/XFree86/vdpau/doxygen/html/index.html」
3. 以下お好みのバックエンドを選択
vdpau用MPlayerパッケージは「https://launchpad.net/~rvm/+archive/mplayer」
vdpau用Xineパッケージは「https://launchpad.net/ubuntu/+source/xine-lib」
非公式?vdpau用Xineパッケージ(パッチみたい)は「http://www.jusst.de/vdpau/」
フロントエンドも古いとvdpauの出力項目が出てこないと思うから適宜アップデート。
アップデート用のフロントエンドは一番上のリンク参照。以上。

「vdpauって何ぞや?」って方はこちらで基礎知識を学んでこよう。
VDPAU - Wikipedia, the free encyclopedia(英語) 「http://en.wikipedia.org/wiki/VDPAU」
Video Decode and Presentation API for Unix by NVIDIA(英語)「http://http.download.nvidia.com/XFree86/vdpau/doxygen/html/index.html」
日本語マダー?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン と言われそうなので。機械翻訳ですが大体の意味は掴めるでしょう。
「http://translate.google.co.jp/translate?js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FVDPAU&sl=en&tl=ja&history_state0=」
「http://translate.google.co.jp/translate?js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fhttp.download.nvidia.com%2FXFree86%2Fvdpau%2Fdoxygen%2Fhtml%2Findex.html&sl=en&tl=ja&history_state0=」

結果は…あんまり使えません(爆) 8400GSなどと言うローエンドモデルがまずかったのか(笑)
と言うより実験していた環境とビデオカードの性能がまずかったからでしょうか?(環境はCPU:Celeron E3200/メモリ:DDR2-800 2GB/ビデオカード:GeForce 8400GS)
もっと良いカードを買ってお布施をしなさいというNVIDIAからの暗黙の合図なんでしょうね(爆)。<例えばASUS ROG MARSとか買って…(知りたければググってみて。あまりの廃スペックにポカーンと言う漢字にw)
使っていないForsaの9600GT(55nm)があるので付け替えて試すといいかもしれないけど。マンドクセ('A`) 恩恵にはあまり預かれませんでした。
ただ、720i/720pはもちろん(こっちはCPU負荷1割以下~2割)、1080i/1080pも大体2~3割ぐらいで再生可能(使用したソースはh264<ビットレート:10M>+AAC、h264<ビットレート:12M>+FLAC)になり、
実用的な負荷まで下りてきたのは良いことなんだけど。前の状態では考えられなかった。
まあ実際に見てもらうのが一番早いでしょう。
サンプルはアニメのノンクレジット版OPの一部をキャプチャ、その映像を再生してみた時の一コマです。システムモニタを出しておきました。CPU使用率の状態を見てください。
一部画面が乱れてるとの事ですが、インターレース(通常私はプログレッシブは使用しない)による物で通常はまず起こりません。

=====
引用した使用素材一覧とその著作権者様

テレビアニメ版Fate/stay night ©Fate Project(ジェネオン エンタテインメント・TBS・CREi・ノーツ・フロンティアワークス)
テレビアニメ版AIR ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

http://cid-43d2ac0f97846ca7.skydrive.live.com/browse.aspx/VDPAU-%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88?ct=photos
=====

使用したLinuxMint7のNVIDIAドライバも古いみたいだから新しいものと交換してみるかな。
あと気づいたんだけどMPlayer、h264再生はQuickTimeのライブラリ使ってる?(調べてみるとlibx264のようだが芋過ぎるw) 挙動が非常に似通ってる感じがするのだが。
High@5.1やBフレームの階層化、インターレースが苦手とか。特にBフレームの階層化は致命傷になりかねない項目なのでエンコ時はずすことを推奨。
お勧めは高画質ならHigh@4.1or4.0のプログレッシブ、通常画質ならMain@4.1/High@3.0プログレッシブ。
その状態のとき安定して再生できたことを付け加えておく。

ところでAMD使いの私からするとこっちの方が気になります。(使っているマシンのCPU+チップセットすべてAMD製)
だってGeForce一つも使っていないのだもの。んなデモでLinux使えるくらいならさっさとドライバ+XvBAを熟成させろ(笑)
動作が不安定でまだ半年前のドライバ大切に使ってるぐらいだし。
X-Video Bitstream Acceleration - Wikipedia, the free encyclopedia(英語)「http://en.wikipedia.org/wiki/X-Video_Bitstream_Acceleration」
AMD's X-Video Bitstream Acceleration「http://www.phoronix.com/scan.php?page=article&item=amd_xvmc_xvba&num=1」
AMD,次世代GPUの一部スペックと,新たなマルチディスプレイ技術「Eyefinity」を発表「http://www.4gamer.net/games/085/G008506/20090911057/」
はいはい、機械翻訳、機械翻訳(笑)。上2つの英文記事を機械翻訳してあります。
「http://66.249.89.132/translate_c?hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja&u=http://en.wikipedia.org/wiki/X-Video_Bitstream_Acceleration&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&usg=ALkJrhgrkfwtGpp7GnNwsIb4gqOpwYEYzQ」
「http://66.249.89.132/translate_c?hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja&u=http://www.phoronix.com/scan.php%3Fpage%3Darticle%26item%3Damd_xvmc_xvba%26num%3D1&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&usg=ALkJrhj1Njo1R37Z8L3SshxQMUGzz3hzBQ」

インテル・S3もひっそりとビデオ再生支援出しているみたいだ。まあ性能が低すぎてまともに使えないけど、ノートを中心に使えるんじゃないかなぁ?
インテルのVAAPIに3つの機能を統合(上2つをバックエンドとして動作させる)すると言う案も出ているようだ。それが一般的…実用的でしょうね。規格が乱立しても良いことは無いしね。
Video Acceleration API - Wikipedia, the free encyclopedia(英語)「http://en.wikipedia.org/wiki/Video_Acceleration_API」
S3 Graphics Releases Linux Driver With OpenGL 3.0, VA-API(英語)「http://www.phoronix.com/scan.php?page=article&item=s3_linux_ogl3_vaapi&num=1」
A NVIDIA VDPAU Back-End For Intel's VA-API(英語)「http://www.phoronix.com/scan.php?page=article&item=xorg_vdpau_vaapi&num=1」
機械翻訳も
「http://translate.google.co.jp/translate?prev=hp&hl=ja&js=y&u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FVideo_Acceleration_API&sl=en&tl=ja&history_state0=」
「http://translate.google.co.jp/translate?prev=hp&hl=ja&js=y&u=http%3A%2F%2Fwww.phoronix.com%2Fscan.php%3Fpage%3Darticle%26item%3Ds3_linux_ogl3_vaapi%26num%3D1&sl=en&tl=ja&history_state0=」
「http://translate.google.co.jp/translate?prev=hp&hl=ja&js=y&u=http%3A%2F%2Fwww.phoronix.com%2Fscan.php%3Fpage%3Darticle%26item%3Dxorg_vdpau_vaapi%26num%3D1&sl=en&tl=ja&history_state0=」

将来的にはAVCHDで限界まで拡張する気なのだろうから、GPUユニットによる再生支援技術の実装はクライアントデスクトップ環境においていずれ不可欠なものになる。
デスクトップ環境が着々と整っているように見えるのは私だけですかね。Ubuntuも流行りだすはずだ。2003年頃のLinuxの姿とはまるで違う。
おっとその前にUDF2.5のまともな扱い方考えて欲しいかな。Bru-Layが使えないし。

OMAKE:
Vine5 サブ2のWinにVMwarePlayerインストールして、少し試してみようかと思ってる。
最低限必要なPulseAudio(スクリーンリーダの音声を割り込ませたりするのに絶対必要)は入っているみたいだ。スペックファイルをいじったり俺様RPMをリビルドしたりと楽しめそう(笑)
最近ずっとdebパッケージだったから禁断症状が…w(rpmでビルドしてalien、debインストールは使っていたが。)
[PR]
by blain-baster | 2009-09-25 01:11 | PC

最近のPC環境(+BansheeやらamarokやらVINUXやら)

最近目まぐるしく変わりすぎ(笑)
サブ以下は廃品を有効利用、もっとスキルをつける為に使ってる。
音声でのコンピュータ利用はまだまだ難しいかな。慣れないと難しいかも。でも、ちゃんと全芯はしてる。
昔と比べたら良くなったよ。日本語も使いやすくなったし。
あと、文字とか見やすいらしいね。老眼気味の母がほめてたのが印象的。

メイン
CPU:Phenom II X4 940BE(AM2+,3.00GHz,125W,4Core,L2=512K*4,L3=6M)
M/B:GIGABYTE GA-MA78GPM-DS2H(AMD780G+SB700)
MEMORY:UMAX Pulsar 2G*2
VIDEO CARD:MSI R4650-MD512(RADEON HD4650,VRAM 512MB)
SOUND:Juli@ Natural(Use Jack)
HDD:Western Degital WD5000AAKS(500GB,7200rpm,16MB,SATAII)
DRIVE:PIONEER DVR-110(DVD-RAM)
CASE:Antec P180v1.1 Silver
POWER SUPLLY:Thermaltake Toughpower QFan 650W
OS:VINUX 2.0

サブ1
CPU:Athlon X2 6000(AM2,3.10GHz,89W,2Core,L2=512K*2)
M/B:Foxccon A7DA-S(AMD790GX+SB750)
MEMORY:NB 1G*2
VIDEO CARD:OnBoard(RADEON HD3300、RADEONのせいで初期の頃えらい苦労したのは内緒)
HDD1:Western Degital WD6400AAKS(640GB,7200rpm,16MB,SATAII/PCLinuxOS)
HDD2:Western Degital WD3200AAKS(320GB,7200rpm,16MB,SATAII/Debian)
HDD3:Western Degital WD2500(250GB,7200rpm,8MB,SATA/Solaris)
DRIVE:PIONEER DVR-109(DVD-RW)
CASE:Owltech OWL-612SLT/500(良いケースだよねぇ。いまでもたまに感心する。SeaSonic電源はもう壊れました。)
POWER SUPLLY:Antec EA-500(500W)
OS:PCLinuxOS 2009.1(普段使い用)/Debian(その他いろいろ)/Solaris(UNIX環境用・いくつのだったけ?ちょっと忘れた)

サブ2
CPU:Pentium Dual-Core E2200(LGA775,2.20GHz@2.80GHz,65W,2Core,L2=1M)
M/B:Foxccon P9657AA-8EKRS2H(Intel965P+ICH8R)
MEMORY:UMAX Pulsar 2G*2
VIDEO CARD:Powercolor AX4770 512MD5-P(RADEON HD4770,VRAM 512MB,宝の持ち腐れと言われるのは覚悟していますよ)
HDD:Western Degital WD5000AAKS(500GB,7200rpm,16MB)
DRIVE1:LG GGC-H20N(Blu-Ray Disc/HD DVD-ROM/DVD-RAM)
DRIVE2:Plextor Premium2(CD-RW/CD-R)
CASE:Scythe SCBC01-WH Case by Case(付属電源は使わず)
POWER SUPLLY:玄人志向 KRPW-V560W(560W)
OS:Windows XP SP3(唯一のWindows。ほとんどDAISY/HD動画再生専用)

その他
元Winノート(Ubuntu)1、Mac(iBook,PowerMac G4/Leopard,Tiger)2

いつも思うがLinuxでMKA使えるあるといいなぁ。
Banshee(Orcaの関係でamarokは最近あんまり使っていない)のpluginとして作っちゃう(マテマテ、ソンナギジュツナイゾ)と言うのがベストかもしれんけど。
まあ、Wineでfoobar2000+Scrobbler(Win用w)を動かしてる。amarokがCueファイルで管理出来るのは知ってるけど、
2つに増えるのはいやだし、何より歌詞ファイル(.txt)、ジャケット写真を内包出来ないのはいたい(晴眼者との互換性UPの為一応保存している)。
いろいろ不都合がまだ多いね。良いOSなんだけど、UNIX系・UNIXライクのOSは。
DAISYはWine通せば動く奴あるかも知れんね。一通り試して見る。ただ、LpPlayer日本語版とSigtuna DARは動かなかった。条件は満たしていたと思うけど一応報告。

あと、WinでBanshee動くかも知れんのか(笑)。公式サイトくまなく探していたら見つけた。たまには見に行くものだね。
中の人曰く「忙しいから、ソースをそちらでコンパイルしてくれ。手順とソースは置いておく。(近い未来出るのだろう)すぐ公式パッケージにWindowsも加わるといいな。」と言うことらしい。
FAQ+Downloadページからの超意訳だけど。Gnome(GTK)はなんだかんだでWinに浸透しまくりだからそのうちでしょうねぇ。
Bansheeのダウンロードページ
Bansheeのサポート、FAQのページ
以下原文
FAQのページから
=====
Does Banshee run on Windows or OS X?
Starting with Banshee 1.4, packages are available for OS X. See the download page for details.
There has been substantial work done to make Banshee run on Windows but there has not been a release of this work yet. We expect to release official packages for Windows soon.
=====
「(本来のパッケージで手一杯で)Win用の開発者人数足りないから人柱になれ」と言うことですね、わかります(笑)
Win上でもビルドできるけど、開発キットは音声使えないしね。また時間経ったら来よう。仕方ないよな。

-----

VINUX公式サイト、何事も無くつながった(笑)なんだったんだ?あのサーバダウンしていたのは。いれかえだったのかな。
VINUXはUbuntu?Debian?ベース(Debianで正解だろう)の視覚障害者用Linuxディストリビューション。Orcaがすでに組み込んである。
デスクトップが表示されたら端末を呼び出し(デスクトップ表示時何らかの音が出るからわかる、端末呼び出しのショートカットキーは普通F4。)、「orca -s」とタイプして設定したらすぐ使えるはず。
公式サイトはこちら。
Royal National College for the blindのいちプロジェクト
(Royal National College for the Blind略してRNCB。イギリスの盲学校と言ったところ。)
イメージファイルは公式よりSoftpediaなどミラーの方が高速(サーバの発信先が違いすぎるし)。
[PR]
by blain-baster | 2009-09-13 20:28 | PC