できること。できないこと。

<   2008年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ん、フライングゲット?早いなぁ・・・笑

Ducaのアルバム(12 twelve Stories)届いた。
事務所よ、そんなに早く発送してどうする・・・笑
小売りと立場違うんだから、せめて発売日は守れ(ファンサービスともとれるが一応)。

Ducaのファンでよかった。しばらく聞いてから寝るよ。
あ、ファン拡大のためリンク張っておかないと・・・笑
まずは聞け。あの詩の世界観はたまらん。
それとやっと全曲制覇(作詞のみの曲含む)。

事務所のDucaのページ(アルバムはここで買える)

曲情報はここで確認。
wikipedia - Duca
[PR]
by Blain-Baster | 2008-09-29 00:18 | 音楽

いいじゃない、人間だもの。

<中山国交相>辞任へ 就任から5日 問題発言の責任取り
”http://www.excite.co.jp/News/politics/20080927/20080928M10.107.html”

新大臣だって、新総理だって、新大統領だって同じ人間。
失言だってスキャンダルだって人間なのだからするさ。神様じゃない。
そんなことをグダグダいつまでも、まるで重箱の隅をつつくようなことをするからじゃないのか?>総理の短命問題
任命責任の所在追求より、まずは国家を正常に運営統括すること。
もう綻びが出かけてるんだし。いい加減にしなよ。>野党の重鎮さんたち
このご時世ひとつ間違ったら1億人の運命とともに闇へ突っ込むよ?

すべてはその根本的問題の気がするな。

最近は昔取りためたアニメ(ビデオ時代のもちらほら)や最近のアニメの音声のみを取り出してiPodやCDで聞いてる。面白れ~再発見だわ・・・笑
やり方はそのうち。
オクに売り残した中古のレコーダー(地デジ)の回路を改造して音声のみ録音するよう改造しよ。

やっとエヴァ「ゼーレ、魂の座」まで聞いた。次は「宇宙戦艦ナデシコ」の予定(ウハ
[PR]
by Blain-Baster | 2008-09-28 00:07 | ニュース

おすすめソフトウェアを紹介 - foobar2000編2

前回からの続きです。

3.操作環境を整えてみる

さすがに再生停止など基本操作がが使いづらい。
ここで役立つのがそう、「キーボードショートカットの設定」です。

さてさてやり方は・・・。まずはaltキーを押すとFileと言いますね?
そのまま下キーを数回押していくとPreferencesという場所があります。ここが全体設定のところです。
Ctrl+Pでいつでも出すことが可能なので覚えておくと便利です。
「追加ファイルのソート」という場所が最初に言われます。ここが基本設定の場所なんですが、言われたら右キーを押してください。
そして、下キーを押すと「割り当てられたショートカット」と言います。ここでキーボードショートカットが設定できます。

ここからが難関。なぜならこの部分だけはTabキーやaltキーやctrlキーが全く使えないためです。
しかし、各ボタンなどの機能は言ってくれますから、不用意に右クリックや左クリックはせず、焦らず操作していきましょう。
もしできない場合は晴眼者の人を頼ってください。
では行きます。ここから先マウスを使用する少し難しい作業ですが、できないことはないんです。スクリーンリーダーを使い音声のみで行う方法をお教えします(苦労した結果です・・・笑)。

では、再生と一時停止を「Space+alt」キーを押すことでできるようにしたいと思います。
(Spaceでもいいような気がしますが、曲を聴きながら文章の漢字変換をしようとするときSpaceキーが使えなくなってしまうためです。)
「割り当てられたグルーピング」と言う場所の近くをマウスで少し回っている(ゆっくりですよ、範囲自体はせまいですから)と「新規追加のボタン」という場所がわかります。
ここでクリック。そして、マウスで下へ移動していきます。
「アクションのグルーピング(一回目)」と言われたあと少し下に移動していき、mainやEditと言われた場所で左クリックすると「アクションのツリービュー」と言います。
そこからは下キーを押し、Playbackというところまで移動。Playbackと言ったら右を押し、さらに下キーを押していきます。「Play or Pause(再生または一時停止)」と言ったらストップ。
今度はマウスを下へ移動させてアクションのグルーピング(2回目)と言います。
(ゆっくり操作していきましょう、途中何か言われるかと思いますが気にせず下へ行きます)
さらに下へ少し移動するとキーのグルーピングといわれる場所があります。その近くを調べていくとキーのテキストといわれる場所があります。ここで左クリック。
クリックした後したい操作をここに登録(したい操作を1回だけキーボードで行う)する。したい操作は「Space+alt」キーなので「Space+alt」を押してください。
あとはTabキーを数回押して「すべて保存」でEnterキーを一回押し、またTabキーを数回押して閉じるでEnterをおせば完了です。
これで「Play or Pause(再生または一時停止)」のキーボードショートカットは「Space+alt」キーを押すことでできるようになりました。

2つ目の設定方法も1つ目とほとんど変わりません。変わるのはアクションのツリービューで止まる位置と、ショートカットキーの設定の2点だけです。
その他「Stop(停止)」「Stop After Current(この曲が終わったら停止)」「Previous(前の曲)」「Next(次の曲)」「Delete Current Song(この曲を削除)」「Seek Ahead By ~(~進める)」「Seek Back By ~(~戻る)」
と、設定できる項目はたくさんあります。プレイヤーの操作系統はすべてPlayback内のツリービューにあります。
キーのテキストと呼ばれる場所の近くに「グローバルホットキーのチェックボックス」と呼ばれる場所があります。
ここにはチェックを入れないように。入れてしまうとプレイヤーを終了した後もショートカットキーが働きつづけてSpaceキーが使えなくなってしまいます。
気をつけましょう。

4.音楽CDを聞いたり、プレイリストに追加したり、MP3に変換してみる

さて一気に実用編へ飛びます(オイオイ 音楽CDを聞いたり、プレイリストに追加したり、MP3など音楽ファイルに変換してみます。要はCDで遊んでみようと・・・笑
とりあえず、何か音楽CDを用意してください。マキシシングルのような曲数が少ないCDが良いと思います。時間の短縮になりますし。アルバムでも問題ありませんから安心してください。
準備できました?じゃあ始めますね。3と比べたら恐ろしく簡単なのでご安心を(・・・あれは辛いよね、さすがに。)

PCの光学ドライブのトレイを開けてCDをセットしてください。正しく読み込めたら「どのようなことをしますか?」のようなウィンドウが出現します(出ない場合もあります。その時は読み飛ばしてください。)。
今回はこの中にないので、上下のキーで「何もしない」に合わせてEnterキーを押してください。ウィンドウが消えたらfoobar2000へ戻ります。
foobar2000に戻ったら、altキーを1回押してFileに合わせ、下キーを押す。2つ目に「Open Audio CD」というのがあります。これを選択してください。
その名の通り音楽CDに関することを行う項目です。「ドライブの選択」のコンボボックスと「ドライブの設定」、「取り込み」「再生」「プレイリストに追加」というボタンが4つ出てきます。1つづつ説明していきますね。
まず、1つ目。ドライブの選択です。光学ドライブが1つしかない場合は読み飛ばしてください。設定の必要はありません。(そもそも選択の必要がありませんよね・・・笑) 複数使っている場合は確認しましょう。
ドライブはCDを入れた光学ドライブのことで、通常はDと最初に付くDドライブであることが多いです(メーカー製ノートの場合Eドライブであることもあるので注意)。
確認の仕方はマイコンピュータを開き、Audio CDと呼ばれるドライブを探します。その末尾に言われたアルファベットがドライブレターと呼ぶもので、ここで頭に付くアルファベットのことを指します。
その中から上下のキーを使って、CDを入れたドライブを選択しましょう。
選択はTabキーを使い、取り込みのキーになったら左右のキーも使えます。

2つ目。ドライブの設定です。このボタンで「オフセット」(この用語の意味がわからないのであれば読み飛ばしてください)の設定ができます。
オフセットを設定し、OKを選択するだけです。
選択するにはTabキーを使い、「オフセットの設定」は半角で数字を入力し、「ドライブの速度を制限」はチェックボックス、「セキュリティ」はコンボボックスです。

3つ目。取り込みは飛ばして再生を説明します。ただの音楽CD再生です。
選択すると、新しいプレイリストが自動的に出来(プレイリスト名であるタブの名前は「Audio CD」)、再生が始まります。
CDを取り出してもそのプレイリストは残ったままなので、必要ないのであれば消してしまいましょう。
プレイリストの消し方はaltキーを2回押し、プレイリストのタブに合わせてアプリケーションボタンを押す。1つ目「Rename Playlist」がリネームに使った項目で、その下の2つ目「Remove Playlist」がプレイリストを消す項目です。
1回でも押すとプレイリストが消えてしまいますから、通常時でも気をつけうようにしましょう。

4つ目、プレイリストに追加は今使っているプレイリストに「CDのトラックをすべて追加して、聞いてしまおう」という項目です。
選択すると、プレイリストの最後尾に追加されます。また、ウィンドウは自動で消えませんから、alt+F4キーを押して手動で消してくださいね。
もちろん、CDをドライブから出してしまったら聞くことはできません。トラックはプレイリストに残りますから、手動で消してください。

5つ目。たぶん一番よく使います。取り込みのボタンです。取り込みとはCDのトラックをPCにコピーしてオーディオファイルとなるよう取り込むことです。普通PCへ取り込むことをリッピング、取り込んだ無圧縮のデータを圧縮(MP3などに変えること。コンバートとも呼ぶ。)することをエンコードと呼ばれます。
こちらで詳しく解説しています。参考にしてください。
デジタルミュージック 入門編その1

今回はCD全体をリッピングし、さらにエンコードをするする方法を解説します。
また今回と次回の5、その次の6で容量を1GBほど使用します(練習用です。終わったら消していただいてかまいません。)。リッピングに入る前に倍の容量の2GBほど開けておいてください。

まず、取り込みに使用するプログラムをダウンロードしに行きましょう。MP3の音質で定評がある「LAME(レイム)」を使用します。
LAMEは<http://www.rarewares.org/mp3-lame-bundle.php>にあります。ダウンロードしておきましょう。
最新のバージョン(LAMEではこのようなバージョンを安定版と呼んでいます。ベータバージョンはbの文字がつくことからすぐにわかります)は<LAME 3.98.2>のようです。
ダウンロードが終わったらマイドキュメントに解凍しておきましょう。また、このファイルは消さないように注意しましょう。取り込むときにこれからずっと使うためです。

さあ始めます。
取り込むのボタンを押すとオーディオCDの取り込みというウィンドウが現れます。CDの内容はまだ記述されてませんね(トラック名やアーティスト名を何も言わないはずです)。
そのままでは記述しないと何のファイルか分らなくなりますから、トラック名、アーティスト名を記述します。しかし、すべてを書き入れるのは至難の技で、大変なことです。
ですから、自動記述する方法をお教えします。インターネットに接続しているか確認してください。オフライン(インターネットに接続していない)のであれば、この方法は使えません。
まず、Tabキーを数回押して、検索のボタンまで移動、Enterキーを押します。
freedbという、音楽CDのデータベースサイトから自動で検索、条件に合うアルバムを探し出します。少し経つと検索結果が出ます。
1つしかないのならいいのですが、たまに2つとか3つとか出たりします。その中から合うものを上下キーで選び、正しいアルバムのところで止めてTabキーを押します。
アーティスト名(「Various Artist」は1枚のアルバム内に複数アーティストがいる場合のこと。異常ではありません。)、Various atistsのチェックボックス、アルバム名、出版年(発売した年)、ジャンルを確認(わからなければ空白で構いません)。
合っていれば、Tabキーを2回押して「Wipe out existing tags.(既存のタグを抹消して上書き)」のチェックボックスがあります。
今回は初めてなのでチェックがついていませんが、2回目以降はチェックがつきます。上書きしたくないのなら、チェックを外しましょう。そしてTabキーを1回押すと、Update fileと言います。
良ければ、Enterキーを押して確定。あとは自動で記述するのを待つだけです。
確定すると取り込み方法の選択のラジオボタンになります。「個別のトラックに分ける」ですのでTのキーを押し、Tabを押して次へ進みます。
ここまでやって初めて取り込みのボタンが現れましたね・・・笑 Enterキーを押してここまでの内容を確定させます。

今度はコンバーターのセットアップが現れます。Tabを数回押してエンコードのプリセットを選択します。今回は「MP3 (LAME),190kbps,V2,fast」を使用しますから、上下のキーで合わせて目的のプリセットに合わせます。
合わせたらTabキーを何回か押してOKまでもっていきます。
この時初回時のみ、LAMEのプログラムがある場所を聞かれます。さっき解凍した場所(マイドキュメントでしたね)までカーソルを持って行き、正しいLAMEのプログラム(LAME.EXE)を指定してあげます。

その後ファイルの出力先を聞かれますから、好きな場所に「新規フォルダを作成」し、そのフォルダを指定します。
そして、OKまで移動し、Enterキーを押すと今までの取り込み作業を全確定します。あとは少し待てば(PCにより時間が異なります。)MP3ファイルの完成です。
終わったらコンバーターのアウトプットのウィンドウが現れますから、alt+F4で消してあげれば取り込み成功です。
お疲れ様でした。

このファイルの作成の仕方の応用はまたお話しましょう。とりあえずこのやり方自体に慣れてください。
この作成の仕方に準じた方法なのでわかりやすいと思います。
[PR]
by Blain-Baster | 2008-09-27 23:35 | PC

おすすめソフトウェアを紹介 - foobar2000編1

foobar2000の使い方

WindowsではWinampと匹敵する人気を持ち、実に多彩なファイル形式を操ることができるfoobar2000。
インストール後もプラグインを導入することで機能を追加できるのも魅力。
実はスクリーンリーダーとも相性が良く、ほとんどの事柄をキーボードで操作することができるのです。
今回はこのソフトを紹介します。私のお勧めです。


1.インストール編
まず、foobar2000公式サイト<http://www.foobar2000.org/>へ行き、ダウンロードします。
ダウンロードページは<http://www.foobar2000.org/download.html>
海外のソフトウェアなので標準では日本語になりません。現在の最新バージョンはv0.9.5.6です。
(すべて英語ですが単語自体は簡単なので理解できるでしょう)
設定(Preferences)の部分は日本語化できるため日本語化パッチを導入します。
パッチの配布サイトは以下の場所にあります。
non existent foobar2000日本語化ページ<http: //ja.wikipedia.org/wiki/Foobar2000>
foobar2000Wiki for Japanese Users<http://foobar2000.xrea.jp/>

おっと、横線に逸れ過ぎた。
まずはソフトウェアを起動。メニュー類は英語のままです。(FileとかEditとかViewとかって言いますね。)
DefaultのPlaylistになっていますのでPlaylistを新しく作ってしまいましょう。
Playlistを作るにはaltキーを押してFileで下キー、少し下に行くとNewPlaylistというのがありますからこれを選択する(ショートカットキーはCtrl+N)。
New Playlistという名前(以降作っていくと末尾に(2)、(3)とついていきます)で出来上がっていますが、そんな名前じゃあつまらない。リネームしてみます。
作ったそのままの状態でaltキーを2回押しタブの名前が呼ばれたら、アプリケーションボタン(右Ctrlボタンの左にあるボタン)を押す。そして下キーを一回押す。
そうすると、Rename Playlistと言いますからそれを選択すれば、リネームできます。好きな名前にしてしまいましょう。

「要はaltキーを奇数回押すとメニューバーへ移動し、偶数回押すととタブのプレイリストに移動します。」

次はPlaylistにオーディオファイルを追加して聞いてみます。
altキーを1回押して、Fileに合わせる。さらに下キーを押してAdd Fileという部分がありますからそれを選択。
次にファイルの選択画面になりますからTabキーを数回押して、ツリービューというところに合わせます。ここで上下やら左右に動かしてファイルを探します。
あとはファイルを探してEnterを押せばプレイリスト内に追加されます。(音楽ファイルは大抵はマイミュージック内でしょうか?)
追加後altキーを数回押してタブに合わせると1/ファイルの再生時間を言います。その時にTabキーを押せば(下キーを1回押すのでもOK)音楽ファイルの方向へカーソルが移動します。
あとは上下にカーソルを移動(1つ以上ある場合)して、ファイル名が言われたらEnterキーを押せば、再生が始まります。意外に簡単でしょ?
止めるときは逆の手順でメニューまで戻り、メニュー内のPlaybackのStopを選択すれば止まります。
まあ、でもこのままじゃあ不便ですよね。なので次回はさらに応用してキーボードショートカットキーの設定、その他いろいろなことをしてみます。
[PR]
by Blain-Baster | 2008-09-26 23:20 | PC

すべてが中途半端の予感がする

どうにも眠れない。仕方がないのでblogでも書こう。

とりあえず点訳歌詞ファイル少し追加。
右腕の不調でキーボードを使うのもままなりませんがしばらくすれば治ると(・・・楽観的?)
あと一週間もすれば復活さっ!(オイオイ だめなら神経内科受診するさ。

追加したファイル
・KOTOKO
マキシシングル「BLAZE」に入っている「BLAZE」、「Sociometry」の2曲。
・川田まみ
マキシシングル「緋色の空」に入っている「緋色の空」、「another planet」、「another planet~twilight~」の2曲。

あれから全然進んでないのな・・・苦笑 
点字はいつも「S~F+J~L」で入れてるんだけど同時押しができないと入力ができない。
かな入力はミスの場合確かめにくいのでこの方式をとってる。
あといい加減Level1英語覚えよっと。どうにもならない場合が出てきたよ。
ドイツ語も専用の点字ってあんの? まさかレベル制とか?(ハハハ
今のところ筆記は出てないから大丈夫(ほとんど海の向こうの友人とSkypeで喋ってる)。

あと文字装飾やめました。いちいち音声が切れるのムカついてきたので・・・笑い
[PR]
by Blain-Baster | 2008-09-24 01:30 | 全般

普通でないPCの選び方(全般編)1

表題のとおり。
カタログについてるスペックとか、スクリーンリーダー併用時のポイントとか、インターフェイスとか・・・。
近々買い替えを検討してるの人は読んでみて。
某MLでよく出てたから書いてみた。
あと、日頃パソコンと呼称している人はPCをパソコンと読み変えてください。

・デスクトップ?ノート?どっちがいい?
あなた自身のスキルと使用用途、使用場所に依るところが大きいです。
「スキルが無い」「スペースが無い」のなら、ノートにしましょう。買うものが少なくて済みますし、スペースもあまり気にしないでもOKですからね。
逆に「地デジが見たい」「高音質な音楽鑑賞がしたい」「ブルーレイなどHD映像を鑑賞したい」ならデスクトップに限ります。
少しスペースを空けてください。場所が必要です。また、OAタップを1個用意しておきましょう。あると非常に便利です。
「ベッド脇で使う」「寝た状態で使う」ならノートのほうが良いでしょうね。

・CPUって種類多すぎ。何してるの?選ぶ注意点は?
PCの心臓部であるCPU。スクリーンリーダーを併用する場合のみ少し気にしよう。
気にするポイントは2つ。「シングルコアプロセッサorマルチコアプロセッサ」、「能力を決定するうえで重要なFSB、フロントサイドバス」。
製造している会社が大きく二つあり(インテルとアドバンスド・マイクロ・デバイセズ、略してAMD)、互いに性質が異なるためこれについても言及しておきます。
役割はここの辺参考に。たぶん一番わかりやすい。
http://nest.0xff.biz/column/tech_cpu.html

この2つの会社、瞬発力型と持続力型とくっきり分かれていまして、インテルが瞬発力型、AMDが持続力型です。
グラフィックスを当て込んで選ぶこともあります。インテルはグラフィックスに弱く、AMDのうほうが強い傾向があります。
スクリーンリーダーを使うとき出す音はCPUで計算するため、デュアルコアのほうが望ましい(併用時の動作が軽くなります)。
インテル製ならキャッシュも1MB以上あったほうがいいでしょう。AMD製は気にする必要ありません。
FSBはCPUとノースブリッジとをつなぐ回路のデータ量のことです。よく道路に例えられます。
インテルでは「1600(一般製品ではまずありません)、1333、1066、800」と4種類あり、数字が高いほうが高性能です。
AMDではプロセッサナンバー(Phenom X4 9550の9550)が指標です。
慣れると周波数から作りの全容までわかってしまうようになります。
参考リンク1(インテル):http://www.intel.co.jp/ja_JP/consumer/index.htm?iid=gg_play-jp+home_consume
参考リンク2(AMD):http://www.amd.co.jp/compare/

・メモリはどのくらい?
Windows Vistaなら2GB以上が基準。XPでも1GBあれば快適に使えます。
メモリの激安っぷり見てると2GBを全ての基準にしてもいいかも(載せられない場合は除く)。
ちなみにノート用のほうが高いです。(+1000~2000増し)
「同じメモリを2枚ペアにして使う」ようにしましょう。

・グラフィックスって重要?
人によって変わってきますが、「高画質映像を見る」「3Dゲームをする」「地デジ(フルセグ)を閲覧する」「Windows Vistaを使う」なら重要です。
画面上でマウスの操作に頼る(一般的にGUIと呼ばれます。GUIとはグラフィカル・ユーザー・インターフェイスの略称。)現在のOSの主流は、グラフィックスに負担をかけるため、
気持ち性能は高めのものを選ぶことでPC全体の性能を底上げすることができます。
それ以外に特定の映像を再生する際の再生支援技術があります。
ただ高性能化に伴う消費電力の増大で、ノートPCではバッテリーの持ちを悪くする原因ともなるので見極めが非常に重要です。
グラフィックスチップメーカーは主に5社あり、うちよく聞くのはそのうちの3社でしょう。
AMD(ATi) - 「Radeon(レイディオン、ラデオン)シリーズ」「Radeon HDシリーズ」
NVIDIA - 「Geforce(ジーイーフォース)シリーズ」
Intel - 「Intel Graphicsシリーズ、Graphics Mdia Accceletorシリーズ」
モデル名の末尾にMとつくものはモバイル用チップのことを指します。
参考リンク1(AMD):http://ati.amd.com/jp/products/index.html
参考リンク2(NVIDIA):http://jp.nvidia.com/page/home.html
参考リンク3(インテル):http://www.intel.co.jp/jp/products/chipsets/index.htm?iid=subhdr-JP+prod_chipsets

・オンボードグラフィックスとは?
その名のとおり、マザーボード上に付けられたグラフィックスチップがグラフィックスを担当するもののことを指し、その形態から内蔵グラフィックとも呼ばれます。
グラフィックスに使用するメモリはメインメモリを使用し、性能も単独で使うビデオカード(グラフィックスを担当する部品)より性能は低いです。
AMDがカナダのグラフィックチップメーカーATiを買収した頃から高性能化が進み、現在では単独のビデオカードとほぼ同等の機能を有している製品があります。
AMD(ATi)の780Gチップ、790GXチップは非常に高性能なことが知られています。
参考リンク1(AMD 790GXチップセット):http://www.amd.com/jp-ja/0,,3715_15337_15742,00.html
参考リンク2(AMD 780Gチップセット):http://www.amd.com/jp-ja/0,,3715_15532,00.html
参考リンク3(NVIDIA マザーボード):http://jp.nvidia.com/page/mobo.html
参考リンク4(インテル グラフィックスサポートページ):http://support.intel.co.jp/jp/support/graphics/index.htm

・HDD(ハードディスク)について詳しく教えて
160~320GB(デスクトップ)、80~120GB(ノート)あれば十分でしょう。
「テレビ用途、地デジが見たい」場合のみ大きめのものにしましょう。
SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)というのもありますが高額で、容量も少ないことが多い。
ただかなりの高速化が期待できるので、選んでみたい人はどうぞ。

・BTO(Built To Order、ビルトトゥオーダー)って何?
オーダー、発注してから製造してくれる方式で、古くからDELLが得意としてきました。
思ったとおりに作り上げてくれる反面、気づいたら高額になってるというのもよくあるので、うまく付き合うのがコツです。
メモリ、ハードディスク、無線LAN、Bluetoothは後から増設が簡単ですが、CPU、グラフィックス、内蔵光学ドライブ(DVDとかを見るとき使うもの)は困難です。
ですからCPU、グラフッィクス、内蔵光学ドライブのみ注文を入れ、購入後ゆっくり増設したりすると安くあげることができます。

・OSは?MS-DOSはありませんか?
MS-DOSはありませんし、中古で動くマシンの購入ほうが高額になっちゃいます・・・笑い
思い切って変えるしか今のところ手はないと思います。
OSについてですが、私はWindows Vista HomePremiumをお勧めします。
本来ならWindows XPをお勧めしますが、搭載のマシンは数が少なくなってきており、購入しづらくなってくるでしょう。
また、HomePremiumには我々にとって楽なアイテム(下参照)が使えます。また、アクセシビリティ自体の質も上がっていますからいいのではないでしょうか?
参考リンク1(マイクロソフト Windows Vista ホーム):http://www.microsoft.com/japan/windows/products/windowsvista/default.mspx
参考リンク2(Vistaのアクセシビリティ機能):http://www.microsoft.com/japan/enable/products/windowsvista.mspx
参考リンク3(マイクロソフト アクセシビリティホーム):http://www.microsoft.com/japan/enable/default.mspx
参考リンク3(マイクロソフト 視覚障害者向け簡易マニュアル):http://www.microsoft.com/japan/enable/products/vmanual/default.mspx

・購入後もしくは同時購入すると良い、何か便利アイテムってないの?
マイクロソフト謹製(純正とも書く・・・笑い)リモコン、マルチメディアタイプキーボード、骨伝導ヘッドセット、トラックボール、ペン型マウス。
あと、センチュリーの「これDo台」。HDDが壊れそうな時はいつも使ってます。見なくても使える超アイテム。環境をそのまま移動できる。
ただ使い方がわかる人のみ、価値がわかる・・・笑い
マイクロソフト製は6点入力(点字の入力法)が可能なのが多い。有線と無線があったら迷わず有線を使うこと。電池の交換とか見えないと凄く面倒臭い。
ああ、そうそう純正リモコンの購入にはOSライセンスと同時でないと販売されない(つまり、単独販売はない)うえ、メーカー製ではまず同時販売されない。BTO限定ですかね。
しかし、サードパーティが同じような互換リモコンを販売しているので使ってみると良い(たまに製品に付属品としてついていたりもする)。
あと、骨伝導ヘッドセット超お勧め(私と同じような方に限ります・・・笑い)。
耳を塞がないから周りが聞き取れるし。マルチメディアキーボードも意外に便利。ボタン一つで起動してくれる。
ペン型マウスは手書きで文字が書けるようになるアイテム。うちのママさん(ニコンのDシリーズをこよなく愛する写真好き)の愛用品。
フォトレタッチとかでも便利に使えるそうな(私にはわからん世界です、はい)。

・インターフェイスの見方は?
シリアルポートはあったほうがいいです。点字ディスプレイほか使い道はたんまりありますから、有っても損はないです。
映像をテレビに映したい場合はHDMIがあると便利です。S/PDIF(光オーディオコネクタ)はアンプにつなげるとき重宝します。
フル地デジ閲覧希望の場合、「1.DVI-DもしくはHDMIポートがあること」、「2.モニタがHDCP対応」が絶対条件である。
シリアルポートはレガシーポートとして無い場合があります(実際インテルはチップセットの対象デバイスから外しました)。
その場合はシリアル-USB変換ケーブルを利用します。ただし動くかどうかわかりません。
オーディオはコアキシャル接続(同軸ケーブルを使うデジタル接続)が好きだけどまず付いていないし、つけられるの高額オーディオ製品ぐらいだし・・・orz。

・Atomって使える?
通常の同じプロセッサ(同じ周波数とキャッシュ)の6~7割ぐらいが実際の性能です。
元々組み込み用なので性能自体は高くない。またながら作業は非常にしづらい。
スクリーンリーダー使うなら論外だと思います。たとえ価格安くてもどうかと。
それよりもうちょっと出してA4ノート買ったほうがいいと思います。
新型のデュアルAtomも一緒ではないかと思います。Atomはグラフィックとサウンドが鬼門。
Vistaは絶対使っちゃいけない。
参考リンク1(インテル Atomプロセッサー):http://www.intel.co.jp/ja_JP/Consumer/Learn/Internet-Devices/atom-netbook-detail.htm

・Appleってどうよ?
Mac OS使いたいなら良いんじゃないですかね、ってここしかないけど・・・笑い
Windows機の母体としてだったら止めたほうが吉。問題が出ることがあるそうです。
素直にドキュメントトーカMac版使えばいいと思います(安いし)。マルチメディア関連でもしっかり使えます。
GUI偏重のやや癖のあるデスクトップだからなぁ。慣れるまでが大変ですが(経験者語る)。
ちなみに、点字ディスプレイとかいくつかの機器が、OS標準のアクセシビリティツールから使うことができるようになりました(Mac OS X 10.5から)。
参考リンク1(Apple Mac OSX 10.5):http://www.apple.com/jp/macosx/
参考リンク2(Apple - Mac):http://www.apple.com/jp/mac/
参考リンク3(Apple - Accessibility、英語):http://www.apple.com/accessibility/
参考リンク1(D-Talker Mac OSX用):http://www.createsystem.co.jp/dtalkerMacOSX.html
[PR]
by Blain-Baster | 2008-09-23 07:00 | PC

本当に(CDの曲の質が)良い一か月だ。その他今日のテー・・・(以下略

サブジェクト長くなりそうだったので途中で省略w
テーマは・・・
・yozuca*(Morning-sugar rays)とTHYME(first 9uality)のCD。
・昨日の疲れの真相、原点に立ち戻る。
・点字の歌詞の進捗状況。ジェネオンはじめました! の3本(サザエさん風に)。

・yozuca*とTHYMEのCD
2枚とも買え。まず損はしない。オタなら開封用と保存用、2枚ずつ買うのが礼・・・(以下略
安瀬サウンド(yozuca*)とテンポの良い歌と爽やかなエレキのサウンド(THYME)は最高だ。
2枚とも期待していなかった。それほど「惹きつける何か」を持っている。
予想以上の出来に栗林みな実と美郷あきのアルバムの存在が完全に霞んでしまったw
霞んでしまったその2枚のレビューは次の機会に。
「one(Morning-sugar raysのカップリング)」は早速持ちネタにしとこ(w

・疲れの真相と音楽の原点
ピアノの練習は欠かさない。リハビリでもあるし作曲、編曲の練習の場でもある。
古来より音楽家に必要な資質は、「自ら書いた五線譜に記した楽曲を寸分違わぬ精度で弾き”奏でる”能力とわずかなインスピレーション」なのだそうだ。音感は一切必要ない。また、楽典や音楽理論、記譜法もやりたくなったら学べば良い。やっていくうちに徐々についてくる。
日曜、その練習中に男の子がやってきた。「Fly Me to The Moon」の音がきれいだったそうだ。ピアノを弾いたこともない、それ以前に女の子が使うものという偏見があったらしい。
私を見て驚いたのだろうか?弾いていたのは男性だったのだから。その時、自分も同じような理由でピアノにに惹きこまれていったことを思い出した。
私の場合は最初エレクトーン(電子オルガン、たまに弾く時もある)を弾いていたのだが、小学1年の時、リスト(曲名は失念)の曲を聞き、その風体と澄んだ高温に魅せられて、ピアノの世界へ入った。ほとんど少年と一緒で「その何か」に引き寄せられたのだ。
その少年とは結局半日ほどピアノを弾いていた(途中からは私一人)。「ドラゴンクエストマーチ」、「君をのせて(天空の城ラピュタ)」、「Yesterday Once More」、定番の「猫踏んじゃった」、「行進曲『軍艦』(コラ」・・・。
そしたら月曜にその少年のお母さんがやって来て、「ピアノを教えてくれませんか?」と。
今、五線譜の譜面を使って指導はできないので、丁重にお断りをして昔師事していた先生を紹介しましたが、断るのに苦労しました。
そうしたら思ったんです。あの頃の自分から見て、今の自分は夢のように弾き”奏でて”いるのだろうかって。目標には近づいていないと。
最初、音に惹き寄せられてピアノを弾きだした。
大人になってたくさんの曲を弾けるようになったが、今度は病気と共に視力と右の握力を失う。
目の視力を失って、一番最初にショックだったのは、アルバムのリーフレットの歌詞が全く読めなかったこと。
だから、今点字で歌詞を書き始めた。誰かの役に立つだろうと願って。
楽しく音楽と接する時間をもらえたこと、また音楽に関わることができること今はそれが一番の幸せです。そして、何か凄い反省した一日でした。

・点訳歌詞の進捗状況
・KOTOKO 
「羽-hane-」「硝子の靡風」「UZU-MAKI」「Special Life!」→ネタは集まったがまだ手つかず。「BLAZE」→さっき終了。まとめてUPする。
・川田まみ
「SAVIA」「緋色の空」→前者は1曲のみ、後者は一応終わってるが・・・。どっか怪しいと思うのでもう少し見なおす。

ちょっと訪ねておこう。
二人ともエロゲとかコンシューマとかもやったほうがいい?権利上はI'veが持っているみたいで出来るんですが(JASRAC全委託の曲なので)w

・THYME
「first 9uality」→まったくしていないwww上があらかた片付いたらする予定。
[PR]
by Blain-Baster | 2008-09-17 00:19 | 音楽

ねぇ、パトラッシュもう休んでいいかい?

へたってます。何もやる気おきません。
眠れない不眠症気味の症状から一転、疲労からか何もやる気おきねえ。睡眠薬も効きが悪い。

バンカメ、メリル買収合意
だから、あれほどサブプライムに頼るなってw そもそも今のメリルリンチに4兆7000億の価値あるのか?4兆前後で十分だと思うが。
サブプライムは麻薬みたいなもの。信用取引なんだからリスクも考えるべきだね。
(追記 2008.9.16)
リーマン・ブラザーズ証券が飛んだらしい。だからあれほど・・・(以下略)
エンロンの再来か。アメリカの金融関係者は本当に学ばないなぁ。負債金額は聞きたくない(w
これでイラク戦争やらアフガン紛争の戦費は回収不能だね。どう考えても。
軽く100億ドル超は使ってるんだからw極貧でも残らざるを得ない駐屯兵の人たちがかわいそう。
連鎖倒産と対米ドル債券がどこで踏ん張れるかが鍵かな。少なくともあと2社はリーマンと一緒に逝くw

とりあえずこの文でも送っておくか。ぴったりだし。

祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理を表す
奢れるものも久しからず ただ春の夜の夢の如し
武き者もついには滅びぬ 偏に風の前の塵に同じ
(平家物語 序段 冒頭)
[PR]
by Blain-Baster | 2008-09-15 12:19 | 全般

点字歌詞について JASRACとの協議終わりました

JASRACとの協議終わりました。
公開については「著作権法37条1項に当たるため、届け出は不要です。(全委託管理楽曲について)」とのこと。
それに伴い、「ReadME」の文面を少し変えさせていただきました(以降、古いほうを第一版、新しいほうをv2と呼びます。)

第一版では1番を「出典及び原曲」としましたが、v2では「出典、原曲、作品コード(JASRAC管理楽曲のみ)及び著作権者の明示」となります。


-----
(以下第一版からの引用)
1.出典及び原曲

Windows用PCゲーム 「天使のいない12月」よりエンディングテーマ
・ヒトリ

©AQUAPLUS, Leaf
(第一版引用終わり)
-----

でしたが、

-----
(以下v2から引用)
1.出典、原曲、作品コード(JASRAC管理楽曲のみ)及び著作権者の明示
(著作権法 第48条による明示)

出典
・Windows用PCゲーム 「天使のいない12月」よりエンディングテーマ

原曲
・ヒトリ

著作権者
©AQUAPLUS, Leaf
(作詞者:須谷 尚子作曲者:下川 直哉、歌手:AKKO)
(v2からの引用終わり)
-----

となります。
管理楽曲はまたちょっと長くなって、

-----
(以下v2のJASRAC管理楽曲からの引用)
1.出典、原曲、作品コード(JASRAC管理楽曲のみ)及び著作権者の明示
(著作権法 第48条による明示)

出典
・灼眼のシャナ2(MBSアニメ) オープニングテーマ
・ジェネオン音楽出版発売 アルバム 「SAVIA」から

原曲
・JOINT

JASRAC作品コード
・500-2288-1 (正題同じ)

著作権者
(C)川田 まみ、中沢 伴行、アリカ・ミュージック
(作詞者:川田 まみ、作曲者:中沢 伴行、歌手:川田 まみ )

(v2管理楽曲からの引用終わり)
-----

となります。
長くなるけど我慢しておくれ・・・。

本当、調べながらReadME書いてると、頭おかしくなりそうだ(w 時々混乱してるし。

これから曲数が増えていきますよ~。

P.S.
アクアプラスの曲は権利関連かなり複雑だねwww
見て(聞いて?)驚いた。
[PR]
by Blain-Baster | 2008-09-13 22:55 | 音楽

iTunes8面白い~ でももう飽きたかも(爆

b0114524_0321223.jpg


iTunes8いいですな。(ニヤリ
スクリーンリーダーとの相性が良く、今まで以上にわかりやすい。
音質にもクリアになったような気がする。ただのプラシーボだろうか?
あと、新機能である「Genius機能」使ったら、右下のほうに「らき☆すた」大軍団が出現したみたいだから、気づいた奴ひとつ残らず買っておいたよwww>すべて持ってると思う
そうしたら、岩崎みなみ嬢の誕生日らしい。行きつけのブログhttp://blog.livedoor.jp/cv_k/で判明。
もう漫画は買わないけど、感慨深いものを感じたよーー;) 文字だけ版なら買うけど。

よし、iPodshuffle(2GB)と骨伝導ヘッドフォン買おう。今から500円貯金でもするか。いつになるんだろうね。
合計で2万5千円ぐらいかな?
アキバのぁゃιぃメディア屋さんの激安情報メールにgigabeatのUシリーズが¥6000で出てた。
一瞬買いかけたぞwww>底値だと判断した
Uシリーズは「音場」が良いんだ。安いし。独特の空気感と高音域の伸びが良い。
ETYMOTIC RESEARCH<http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=1162^ER6I
と一緒に使いたいところだなぁ。


b0114524_0323375.jpg


あと、スクリーンリーダーが「萌え」を覚えてくれないのでちょこっと調教して教えてみた。
前から非常に気になっていたんだよね。
オタになるにはあと1年ぐらいかかりそうだな(マテ

近いうちに「ヨズのマキシ」と「あきちゃんのアルバム」、「栗の子のアルバム」セットでレビューするかな。一通りきたし。
THYMEの「first 9uality」が一番良かったり。なんでだ?(ウワワーン
[PR]
by Blain-Baster | 2008-09-13 01:24 | 音楽