できること。できないこと。

<   2009年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

vdpau試して見た(LinuxMint篇)

Linux/UNIX関連の話題。
Windowsの人はまったく関係ありません。読み飛ばしていただいて結構(笑)

MPlayerによるvdpau試してみました。
Xineその他もあるそうですが、いろいろしがらみが多いし失敗時のリカバリが面倒なのでMPlayerが一番便利かと思います。
必要なものは大体ココにそろってる(笑)
https://launchpad.net/~nvidia-vdpau/+archive/ppa
リポジトリの登録はこれがわかりやすい。
https://launchpad.net/+help/soyuz/ppa-sources-list.html
1. 180.16以降のNVIDIA Driver(リンクは最新のUS版,Ubuntuは上のリンク先で取得。190番推奨。)「http://www.nvidia.com/object/linux_display_ia32_185.18.36.html」
2. vdapu core API(パッケージマネージャ内に登録されてると思うから『vdpau』で検索)「ftp://download.nvidia.com/XFree86/vdpau/doxygen/html/index.html」
3. 以下お好みのバックエンドを選択
vdpau用MPlayerパッケージは「https://launchpad.net/~rvm/+archive/mplayer」
vdpau用Xineパッケージは「https://launchpad.net/ubuntu/+source/xine-lib」
非公式?vdpau用Xineパッケージ(パッチみたい)は「http://www.jusst.de/vdpau/」
フロントエンドも古いとvdpauの出力項目が出てこないと思うから適宜アップデート。
アップデート用のフロントエンドは一番上のリンク参照。以上。

「vdpauって何ぞや?」って方はこちらで基礎知識を学んでこよう。
VDPAU - Wikipedia, the free encyclopedia(英語) 「http://en.wikipedia.org/wiki/VDPAU」
Video Decode and Presentation API for Unix by NVIDIA(英語)「http://http.download.nvidia.com/XFree86/vdpau/doxygen/html/index.html」
日本語マダー?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン と言われそうなので。機械翻訳ですが大体の意味は掴めるでしょう。
「http://translate.google.co.jp/translate?js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FVDPAU&sl=en&tl=ja&history_state0=」
「http://translate.google.co.jp/translate?js=y&prev=_t&hl=ja&ie=UTF-8&u=http%3A%2F%2Fhttp.download.nvidia.com%2FXFree86%2Fvdpau%2Fdoxygen%2Fhtml%2Findex.html&sl=en&tl=ja&history_state0=」

結果は…あんまり使えません(爆) 8400GSなどと言うローエンドモデルがまずかったのか(笑)
と言うより実験していた環境とビデオカードの性能がまずかったからでしょうか?(環境はCPU:Celeron E3200/メモリ:DDR2-800 2GB/ビデオカード:GeForce 8400GS)
もっと良いカードを買ってお布施をしなさいというNVIDIAからの暗黙の合図なんでしょうね(爆)。<例えばASUS ROG MARSとか買って…(知りたければググってみて。あまりの廃スペックにポカーンと言う漢字にw)
使っていないForsaの9600GT(55nm)があるので付け替えて試すといいかもしれないけど。マンドクセ('A`) 恩恵にはあまり預かれませんでした。
ただ、720i/720pはもちろん(こっちはCPU負荷1割以下~2割)、1080i/1080pも大体2~3割ぐらいで再生可能(使用したソースはh264<ビットレート:10M>+AAC、h264<ビットレート:12M>+FLAC)になり、
実用的な負荷まで下りてきたのは良いことなんだけど。前の状態では考えられなかった。
まあ実際に見てもらうのが一番早いでしょう。
サンプルはアニメのノンクレジット版OPの一部をキャプチャ、その映像を再生してみた時の一コマです。システムモニタを出しておきました。CPU使用率の状態を見てください。
一部画面が乱れてるとの事ですが、インターレース(通常私はプログレッシブは使用しない)による物で通常はまず起こりません。

=====
引用した使用素材一覧とその著作権者様

テレビアニメ版Fate/stay night ©Fate Project(ジェネオン エンタテインメント・TBS・CREi・ノーツ・フロンティアワークス)
テレビアニメ版AIR ©VisualArt's/Key/翼人伝承会

http://cid-43d2ac0f97846ca7.skydrive.live.com/browse.aspx/VDPAU-%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%83%E3%83%88?ct=photos
=====

使用したLinuxMint7のNVIDIAドライバも古いみたいだから新しいものと交換してみるかな。
あと気づいたんだけどMPlayer、h264再生はQuickTimeのライブラリ使ってる?(調べてみるとlibx264のようだが芋過ぎるw) 挙動が非常に似通ってる感じがするのだが。
High@5.1やBフレームの階層化、インターレースが苦手とか。特にBフレームの階層化は致命傷になりかねない項目なのでエンコ時はずすことを推奨。
お勧めは高画質ならHigh@4.1or4.0のプログレッシブ、通常画質ならMain@4.1/High@3.0プログレッシブ。
その状態のとき安定して再生できたことを付け加えておく。

ところでAMD使いの私からするとこっちの方が気になります。(使っているマシンのCPU+チップセットすべてAMD製)
だってGeForce一つも使っていないのだもの。んなデモでLinux使えるくらいならさっさとドライバ+XvBAを熟成させろ(笑)
動作が不安定でまだ半年前のドライバ大切に使ってるぐらいだし。
X-Video Bitstream Acceleration - Wikipedia, the free encyclopedia(英語)「http://en.wikipedia.org/wiki/X-Video_Bitstream_Acceleration」
AMD's X-Video Bitstream Acceleration「http://www.phoronix.com/scan.php?page=article&item=amd_xvmc_xvba&num=1」
AMD,次世代GPUの一部スペックと,新たなマルチディスプレイ技術「Eyefinity」を発表「http://www.4gamer.net/games/085/G008506/20090911057/」
はいはい、機械翻訳、機械翻訳(笑)。上2つの英文記事を機械翻訳してあります。
「http://66.249.89.132/translate_c?hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja&u=http://en.wikipedia.org/wiki/X-Video_Bitstream_Acceleration&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&usg=ALkJrhgrkfwtGpp7GnNwsIb4gqOpwYEYzQ」
「http://66.249.89.132/translate_c?hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja&u=http://www.phoronix.com/scan.php%3Fpage%3Darticle%26item%3Damd_xvmc_xvba%26num%3D1&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&usg=ALkJrhj1Njo1R37Z8L3SshxQMUGzz3hzBQ」

インテル・S3もひっそりとビデオ再生支援出しているみたいだ。まあ性能が低すぎてまともに使えないけど、ノートを中心に使えるんじゃないかなぁ?
インテルのVAAPIに3つの機能を統合(上2つをバックエンドとして動作させる)すると言う案も出ているようだ。それが一般的…実用的でしょうね。規格が乱立しても良いことは無いしね。
Video Acceleration API - Wikipedia, the free encyclopedia(英語)「http://en.wikipedia.org/wiki/Video_Acceleration_API」
S3 Graphics Releases Linux Driver With OpenGL 3.0, VA-API(英語)「http://www.phoronix.com/scan.php?page=article&item=s3_linux_ogl3_vaapi&num=1」
A NVIDIA VDPAU Back-End For Intel's VA-API(英語)「http://www.phoronix.com/scan.php?page=article&item=xorg_vdpau_vaapi&num=1」
機械翻訳も
「http://translate.google.co.jp/translate?prev=hp&hl=ja&js=y&u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FVideo_Acceleration_API&sl=en&tl=ja&history_state0=」
「http://translate.google.co.jp/translate?prev=hp&hl=ja&js=y&u=http%3A%2F%2Fwww.phoronix.com%2Fscan.php%3Fpage%3Darticle%26item%3Ds3_linux_ogl3_vaapi%26num%3D1&sl=en&tl=ja&history_state0=」
「http://translate.google.co.jp/translate?prev=hp&hl=ja&js=y&u=http%3A%2F%2Fwww.phoronix.com%2Fscan.php%3Fpage%3Darticle%26item%3Dxorg_vdpau_vaapi%26num%3D1&sl=en&tl=ja&history_state0=」

将来的にはAVCHDで限界まで拡張する気なのだろうから、GPUユニットによる再生支援技術の実装はクライアントデスクトップ環境においていずれ不可欠なものになる。
デスクトップ環境が着々と整っているように見えるのは私だけですかね。Ubuntuも流行りだすはずだ。2003年頃のLinuxの姿とはまるで違う。
おっとその前にUDF2.5のまともな扱い方考えて欲しいかな。Bru-Layが使えないし。

OMAKE:
Vine5 サブ2のWinにVMwarePlayerインストールして、少し試してみようかと思ってる。
最低限必要なPulseAudio(スクリーンリーダの音声を割り込ませたりするのに絶対必要)は入っているみたいだ。スペックファイルをいじったり俺様RPMをリビルドしたりと楽しめそう(笑)
最近ずっとdebパッケージだったから禁断症状が…w(rpmでビルドしてalien、debインストールは使っていたが。)
[PR]
by blain-baster | 2009-09-25 01:11 | PC

最近のPC環境(+BansheeやらamarokやらVINUXやら)

最近目まぐるしく変わりすぎ(笑)
サブ以下は廃品を有効利用、もっとスキルをつける為に使ってる。
音声でのコンピュータ利用はまだまだ難しいかな。慣れないと難しいかも。でも、ちゃんと全芯はしてる。
昔と比べたら良くなったよ。日本語も使いやすくなったし。
あと、文字とか見やすいらしいね。老眼気味の母がほめてたのが印象的。

メイン
CPU:Phenom II X4 940BE(AM2+,3.00GHz,125W,4Core,L2=512K*4,L3=6M)
M/B:GIGABYTE GA-MA78GPM-DS2H(AMD780G+SB700)
MEMORY:UMAX Pulsar 2G*2
VIDEO CARD:MSI R4650-MD512(RADEON HD4650,VRAM 512MB)
SOUND:Juli@ Natural(Use Jack)
HDD:Western Degital WD5000AAKS(500GB,7200rpm,16MB,SATAII)
DRIVE:PIONEER DVR-110(DVD-RAM)
CASE:Antec P180v1.1 Silver
POWER SUPLLY:Thermaltake Toughpower QFan 650W
OS:VINUX 2.0

サブ1
CPU:Athlon X2 6000(AM2,3.10GHz,89W,2Core,L2=512K*2)
M/B:Foxccon A7DA-S(AMD790GX+SB750)
MEMORY:NB 1G*2
VIDEO CARD:OnBoard(RADEON HD3300、RADEONのせいで初期の頃えらい苦労したのは内緒)
HDD1:Western Degital WD6400AAKS(640GB,7200rpm,16MB,SATAII/PCLinuxOS)
HDD2:Western Degital WD3200AAKS(320GB,7200rpm,16MB,SATAII/Debian)
HDD3:Western Degital WD2500(250GB,7200rpm,8MB,SATA/Solaris)
DRIVE:PIONEER DVR-109(DVD-RW)
CASE:Owltech OWL-612SLT/500(良いケースだよねぇ。いまでもたまに感心する。SeaSonic電源はもう壊れました。)
POWER SUPLLY:Antec EA-500(500W)
OS:PCLinuxOS 2009.1(普段使い用)/Debian(その他いろいろ)/Solaris(UNIX環境用・いくつのだったけ?ちょっと忘れた)

サブ2
CPU:Pentium Dual-Core E2200(LGA775,2.20GHz@2.80GHz,65W,2Core,L2=1M)
M/B:Foxccon P9657AA-8EKRS2H(Intel965P+ICH8R)
MEMORY:UMAX Pulsar 2G*2
VIDEO CARD:Powercolor AX4770 512MD5-P(RADEON HD4770,VRAM 512MB,宝の持ち腐れと言われるのは覚悟していますよ)
HDD:Western Degital WD5000AAKS(500GB,7200rpm,16MB)
DRIVE1:LG GGC-H20N(Blu-Ray Disc/HD DVD-ROM/DVD-RAM)
DRIVE2:Plextor Premium2(CD-RW/CD-R)
CASE:Scythe SCBC01-WH Case by Case(付属電源は使わず)
POWER SUPLLY:玄人志向 KRPW-V560W(560W)
OS:Windows XP SP3(唯一のWindows。ほとんどDAISY/HD動画再生専用)

その他
元Winノート(Ubuntu)1、Mac(iBook,PowerMac G4/Leopard,Tiger)2

いつも思うがLinuxでMKA使えるあるといいなぁ。
Banshee(Orcaの関係でamarokは最近あんまり使っていない)のpluginとして作っちゃう(マテマテ、ソンナギジュツナイゾ)と言うのがベストかもしれんけど。
まあ、Wineでfoobar2000+Scrobbler(Win用w)を動かしてる。amarokがCueファイルで管理出来るのは知ってるけど、
2つに増えるのはいやだし、何より歌詞ファイル(.txt)、ジャケット写真を内包出来ないのはいたい(晴眼者との互換性UPの為一応保存している)。
いろいろ不都合がまだ多いね。良いOSなんだけど、UNIX系・UNIXライクのOSは。
DAISYはWine通せば動く奴あるかも知れんね。一通り試して見る。ただ、LpPlayer日本語版とSigtuna DARは動かなかった。条件は満たしていたと思うけど一応報告。

あと、WinでBanshee動くかも知れんのか(笑)。公式サイトくまなく探していたら見つけた。たまには見に行くものだね。
中の人曰く「忙しいから、ソースをそちらでコンパイルしてくれ。手順とソースは置いておく。(近い未来出るのだろう)すぐ公式パッケージにWindowsも加わるといいな。」と言うことらしい。
FAQ+Downloadページからの超意訳だけど。Gnome(GTK)はなんだかんだでWinに浸透しまくりだからそのうちでしょうねぇ。
Bansheeのダウンロードページ
Bansheeのサポート、FAQのページ
以下原文
FAQのページから
=====
Does Banshee run on Windows or OS X?
Starting with Banshee 1.4, packages are available for OS X. See the download page for details.
There has been substantial work done to make Banshee run on Windows but there has not been a release of this work yet. We expect to release official packages for Windows soon.
=====
「(本来のパッケージで手一杯で)Win用の開発者人数足りないから人柱になれ」と言うことですね、わかります(笑)
Win上でもビルドできるけど、開発キットは音声使えないしね。また時間経ったら来よう。仕方ないよな。

-----

VINUX公式サイト、何事も無くつながった(笑)なんだったんだ?あのサーバダウンしていたのは。いれかえだったのかな。
VINUXはUbuntu?Debian?ベース(Debianで正解だろう)の視覚障害者用Linuxディストリビューション。Orcaがすでに組み込んである。
デスクトップが表示されたら端末を呼び出し(デスクトップ表示時何らかの音が出るからわかる、端末呼び出しのショートカットキーは普通F4。)、「orca -s」とタイプして設定したらすぐ使えるはず。
公式サイトはこちら。
Royal National College for the blindのいちプロジェクト
(Royal National College for the Blind略してRNCB。イギリスの盲学校と言ったところ。)
イメージファイルは公式よりSoftpediaなどミラーの方が高速(サーバの発信先が違いすぎるし)。
[PR]
by blain-baster | 2009-09-13 20:28 | PC

やっちまったorz

Celeronのボックス、外装デザイン写真
買って見た。E3200。(あとATI RADEON HD4770もw メーカーはPowercolor、AX4770 512MD5-P。)
こんなものCeleronぢゃねぇ。PentiumDCだろ?
嘘だろ?だってあの低速・低価格・低機能のコアがこんなにブート速い訳ないじゃないか。

・・・はい。十分に速く、実用的です。P965に載るんだったらかえるの検討するんだけどねぇ。
載りそうもないし、それ以前にPentiumDC E2200(活入れ済み@2.80GHz)使ってるしいいか。系作業ぐらいだと特に不満も無い。
ちなみに変えて見たのは母親のPC。以下スペック表。
CPU:Celeron DC E3200(2.40GHz)@変更したところ1
マザーボード:GIGABYTE GA-G31M-S2L(BIOS:F8)
メモリ:CFD販売のブリスターパック入りだったと記憶、2GB(1GB*2)
ビデオカード:ZOTAC ZT-84SEG2P-FSL(Geforce 8400GS DDR2 256MB)@変更点その2、私のお下がり
OS:Linux Mint 7

GIGABYTEはとくに母艦の扱い熟知してるからなぁ。
基本的に変態系(ASRock)、OC系(Foxconn、GIGABYTE、MSI)は良く使うせいかおおよそ心得てる。

システム表示はBIOSアップデートなしでCeleronDC E3200となっていてちょっと感動(笑)
そこそこ使えるな、秋の新製品に皆さん期待するといいかとおもいますよ。
メーカー製のPCも出すそうですので。

あと業務連絡(笑)
あと、○○君。見てたら参考にして。
昨日言ってた低価格ゲーム用、俺やったらこう組むとオモ。某店で見積もって見た。
PhenomII X2 545(Dual Core/3.0GHz/L2 512K x 2/L3 6MB/TDP80W)
1個8,970円
785GM-E65
1個10,490円
CetusDCDDR3-4GB-1333
1個7,800円
Powercolor AX4730 512MD5-P
1個7,680円
WD5001AALS
1個5,650円
GH22NS50B-B(ブラックバルク)
1個2,800円
CoolerMaster CM690(RC-690-KKN2-GP)
1個11,250円
NRP-PC502
1個6,480円
計61,120円
AMD厨でスマン(笑)
[PR]
by blain-baster | 2009-09-09 02:11 | PC

新しいプロセッサ

IntelからCeleronDC E3200,E3300がでましたね。
Win7にあるXPモードに必要なVT機能を当て込んでの発売でしょうね。
別にWindowは使いませんけど、Xenなど仮想化ソフトウェアで使いますからありがたく使わせてもらうことにします。
=====
スペック(リンクはインテル公式のプロセッサ情報ページ。英語です。)

E3200
コードネーム・プロセスルール:Wolfdale,45nm
クロック周波数:2.4GHz
FSB(フロントサイドバス):800MHz
L2キャッシュ:1MB
TDP(熱設計枠):65W
機能:MMX,SSE,SSE2,SSE3,SSSE3,Intel 64,VT,XDbit
リンク:http://ark.intel.com/Product.aspx?id=42770&processor=E3200&spec-codes=SLGU5
コメント:こっちをオススメ。下のモデルとは1,000円ほど違う。実売5,000円前後ほどだそうです。

E3300
コードネーム・プロセスルール:Wolfdale,45nm
クロック周波数:2.5GHz
FSB(フロントサイドバス):800MHz
L2キャッシュ:1MB
TDP(熱設計枠):65W
機能:MMX,SSE,SSE2,SSE3,SSSE3,Intel 64,VT,XDbit
リンク:http://ark.intel.com/Product.aspx?id=42771&processor=E3300&spec-codes=SLGU4
コメント:若干割高感がある。実売6,000円ぐらい。

=====
エンコでも使えるか?(笑)
ここ最近のCeleronらしくオーバークロックの耐性も良く、おおむね3GHzオーバーでも安定するそうです。
ますます魅力的だ。ブン回せばそこそこ使えそうだしなぁ。

Celeronとは長い付き合いで、歴代のコアほぼ全部持っているほどだ。
近いうちにE1200と変えて遊んでみるかな。G31のチップ以降だととりあえずは起動するそうですよ。
Core2Duoと表示されるそうです。言われて見ればE4xxxシリーズとかなり酷似(VTとL2キャッシュぐらいか)する罠。
(注)プロセッサ変更、オーバークロック時は自己責任において行ってください。そこまで責任は持てません。

もう必要最小限度の性能しか無いあの頃のCeleronの姿は残っていないな。
L2に1M搭載する日がくるとは思っても見ませんでした。
ただ個人的にCeleron430(シングルの最終ナンバー)辺りが一番好きかな。35Wとか素敵すぎる。
Atomはどうも好きになれません。速度が低速で。足回りが悪いのに無理して擬似デュアルとか。
IntelのプロセッサはFSBとL2,L3キャッシュ命の構造なのにFSB533MHzとか明らかに間違っているよ・・・。(最初、途上国向け?と勘違いしたほど)
このゴタゴタで430中古の投売りがありそうだから後2個保守部品として捕獲しておこう。
BIOSのアップデートや私的なジュークボックスPCとしては最高だ。
[PR]
by blain-baster | 2009-09-05 23:34 | PC

メモ書きの変遷

見えていた頃はでっかい付箋紙と手帳、携帯のメモ、Gedit(Gnome標準の「メモ帳」)が三種の神器。
Geditで書いたメモはあとでemacsで編集、メモ一つ一つに簡単なタイトル(今思えばタグ付けに近い)を付与するのが日課。
かなり前からLinuxユーザでした。当時仕事場ではRHEL、家ではSuSE9.3を主に使用していました。

今は?少し前まではらくらくホンのメモアプリ、ノキアE71、Gedit。
Vinuxに若干日本語化を施して、Win用アプリはWine経由で。
PCLinuxOS、Debian、Solarisも別で使っています。

ところが、最近はらくらくホンは個人的に使いづらいので(書いたデータを外へ出せない)、小型の点字器(点字用紙薄手を半分に裂いたものをメモとして使用)とE71、Geditへ変えました。
およそ3年ぶりに紙が復活。やっぱり紙が一番扱いやすいね。点字の読みの速度も上がっているので後から書き写しやすいし。
しかし、巡り巡って一周した感じがしないでもない(笑)

おまけ:
メモ書きソフトウェアは見えないと辛いね(T-T||)。使って見たいと思ってはいるが。付箋帳あたりに目をつけている。

Vinux(公式サイト閉じちゃった?)
http://linux.softpedia.com/get/Adaptive-Technologies/Vinux-43337.shtml
(開発者用のフォーラム)http://groups.google.com/group/vinux-development
PCLinuxOS日本語版
http://simosnet.com/livecd/pclinuxos/
Debian
http://www.debian.or.jp/
Solaris(登録が必要。確か画像認証がある。私は手伝ってもらいました)
http://jp.sun.com/practice/software/solaris/overview.jsp

Gedit(Win用、Mac用もあり)
http://projects.gnome.org/gedit/

付箋帳(フリーウェア版を使用)
http://hamsters.ddo.jp/hamssoft/hamtag.php
[PR]
by blain-baster | 2009-09-05 23:25 | 日々の暮らし