できること。できないこと。

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

SMPlayerでパフォーマンスをあげるコツ

Blain-Basterです。予定していたMPlayer系のネタ。

MPlayerってプレイヤー知っていますか?
MPlayer公式サイト http://www.mplayerhq.hu/
私は毎日使っていますが、使い方がやや難しいプレイヤーです。
何故かって?MPlayer系は自分で調べないと全くオプションすら分からないのです。
「マニュアル嫌いです/読みません」派の人たちにとっては天敵かもしれない。

これほど便利なアプリもないんだけどね。
Simple is bestを地で行くこのアプリは大好き。
無しの生活が考えられない。

そのMPlayer系でも使いやすい高機能フロントエンドSMPlayerをターゲットにしました。
http://smplayer.sourceforge.net/
使うときによりパフォーマンスをあげるコツをいくつか伝授。
詳しくは同梱の「mplayer.html」か「doc」フォルダを眺めるのが一番速いのだけれど。



まず、インストール時に自分のプロセッサーにあったMPlayerを選ぼう。
デュアルコア、マルチコアならMT版を選ぶべきである。
パフォーマンスも大幅に上がる。


環境設定-全般-全般
すべてのファイルの位置を記憶するのチェックをはずす。
終了やムービーの停止時に記憶するのでなかなか終わらずイラつくことも。


環境設定-全般-ビデオ
出力ドライバーを決め打ち。
どれが使えるかは環境によりけりなので、コンソール(コマンドプロンプト)で「mpalyer -vo help」とうちエンター。画面に使えるドライバー一覧が表示される。
どれが高速で動くかはこれまた環境次第なので高速動作するやつを丹念に探す。
Winは「directx」、Linuxは「xv」か「gl」が多いと思う。
再生支援を使う場合、Winでは最新のffdsowをインストール後「directx」、
Linux/UNIXでは最新のドライバ当てlibvdpau、libvaインストール後
MPlayerをインストール、ドライバーを選択と進む。
使えるのなら使うといい。


環境設定-全般-オーディオ
こちらも出力ドライバー決め打ち。
例により環境によって違うため、コンソール(コマンドプロンプト)で「mpalyer -ao help」と打ち事前に見ておく。
Winは「win32」、Linuxは「alsa(KDE、GNOME)」か「pulse(GNOME)」あたりお勧め。
何も分からないなら「alsa」を選択。一番無難な方法。


環境設定-パフォーマンス-パフォーマンス
フレームドロップを許可(-framedropオプション)。
基本中の基本。H264では非常に役立つ。

マルチスレッド版限定(ファイル名にmtとつくもの)の方法。
デコードスレッドを1から上げる。
デュアルなら2、クアッドなら4。
ハイパースレッティングが利いてるなら掛ける2倍。
必要以上に上げても効果が薄くなるので微妙な匙加減が重要。

ループフィルターを無くすorHDビデオのみスキップ。
フィルター掛ければ当然パフォーマンスは落ちるのでそれらを削っていく。


環境設定-パフォーマンス-キャッシュ
キャッシュの数値を8192KB(1024*8)へ変更。
これ実は動作速度が遅いときに出る警告の部分に書いてある方法。
結構効き目は良いので重宝します。
あとこれ以上にしてもあまり意味はないので欲張らないように。
メインメモリが少ない場合はモッサリ現象の自爆スイッチなので適宜増減するように。


環境設定-インターフェイス-シーク
タイムスライダーの挙動。


環境設定-インターフェイス-フローティングコントロール
アニメーションを切る。
ウィンドウマネージャーの透過も切っておくとさらに軽くなる。


環境設定-詳細設定-MPlayerのオプション
個別に渡したいオプションがあるなら書き記す。
大抵はなくてもOK。


ここからはSMPlayerというより一般的概論。
コンテナーとコーデックを一考する。
H264/AVCは整数演算遅い数世代前のCPUでは死亡フラグ。
特にHighプロファイルは自ら死刑執行書にサインするようなもの。画質気にしないならプロファイルをMainあたりへ落とす。
同様に高性能だけどMKVはシークが遅いので、MP4(あんまり速くはない)かAVIに変えてみる。
代替コーデックとしてtheora(30fps)、Xvid(24fps)あたりお勧め。
wmvあたりも動きが速い映像には有効。60fpsなどの高画質でも思ったより軽い。
コンテナーはaviではなくwmvに格納するとさらに吉。


まあもっと軽いものを求めるのなら、
フロントエンドを用いずにコンソール(コマンドプロンプト)から実行するのが最も軽量なんだけど(笑)
書いている筆者の起動回数では最も多い。
マニュアルは一読しておくべし。

More
[PR]
by blain-baster | 2010-04-15 09:00 | PC

メインのOS変わりました

Blain-Basterです。

あれからの変更点…。


・メインのOSがWin7 64bitへ
大容量メモリーのおかげで広々空間といった感じですが、
増設の際に静電破壊してしまったらしく、用意していたメモリモジュールが足りない事態に。
サードマシンのメモリを半分拝借して6GBにして運用してします。
少し前までは20GB前後貯めがあったんですがねー。
使い切ってしまいました。
だからといって買うのも…。どうせ買うならSunMaxあたりの高級メモリーにしようかと思っています。
それ以前にAM3か噂の新ソケットへ移行か?
DDR3へ変更になるので、どっちにしても今のメモリーは使えませんし。


・ForsaのGeforce9600GTセカンドマシンへ
今はAMD(ATI)のHD4670動作中。
壊れてもHD4830とHD5750があるのでしばらく安心。
あとOpenGLプレドライバーおいしくいただいています。
MPlayerのgl2ドライバー大活躍。
あとMPlayerないと生きていけない体になりました。MT版便利すぎます。
ひっそりと再生支援も利いてるみたいだし。


・HDDが320GBから500GBへ増量
差し引き120GB前後は・・・
*XPモード用 40GB VMwarePlayer3使用
前使っていたXPをそのまま流用。
7で動かんアプリを起動するのが主な役目。レジストリ汚れてもリカバリーは今後楽に。
ホストは只のお飾りとなりかけています。

*openSUSE 11.2 30GB VMwarePlayer3使用
なんとなく・・・。慣れてますし。KDE 4.4.2使用。
悪くないです、新しいKDE。安定性はいいので今後は軽さを求めます。
Orcaなどまあ何とか動作。主にrpmパッケージング用。

*Debian5 lenny 20GB VMwarePlayer3使用
ホスト以上に大活躍しています。KDE 3.5.10使用。
音楽垂れ流しが主な役目だけど、それ以外にもEmacsとかも。
vimやらvi苦手です。誰か教えておくれ。
Orca起動していても仮想とは思えぬ軽快ぶり。惚れ直しました。
Backportsにあったkernel-img.2.6.32-bpo3-i686にカーネル差し替えました。
ソースから再構築しても良いのですが、目が見えない今は大変面倒な作業です…。

そのうちUbuntuの新バージョン10.04試すかも。
試すだけで常用はしないと思います。あんまり好きじゃないので。


・UAC面倒ッス
何度辛い目にあったことか…(涙)。
でも良い機能だとは思いますよ。管理者ユーザーでログインして一般ユーザーは作成さえもしないことが多いのですし。
LinuxやUNIXでは至極当たり前です。
でもそうするなら…。
せめてコマンドプロンプトタブ化してください。(常用ユーザーw) Bash並みの高機能は期待しません。
あと管理者モードのオプション(suコマンドみたいなもん。sudoでも可。)もつけてください、Microsoftさん。
本国版Jaws買おうかどうしようか迷い中。64bit版あるんだよね。

動かしてみたらヌルヌル動いています。デモモードでよく動作しています。


・Xperiaに注目しています
音声出るの?出るんだったら真面目に検討対象入り。
いい加減音楽すら聞けない今の携帯の低機能振りに呆れ気味。
それぐらいのアプリ入れられるでしょうに。
NetWalker級の自由度は求めていないけど、Androidというだけで涎が(笑)
ユーザーランドのあたり弄れるのかな?

More
[PR]
by blain-baster | 2010-04-09 09:00 | 日々の暮らし