人気ブログランキング |

できること。できないこと。

おすすめソフトウェアを紹介 - foobar2000編1

foobar2000の使い方

WindowsではWinampと匹敵する人気を持ち、実に多彩なファイル形式を操ることができるfoobar2000。
インストール後もプラグインを導入することで機能を追加できるのも魅力。
実はスクリーンリーダーとも相性が良く、ほとんどの事柄をキーボードで操作することができるのです。
今回はこのソフトを紹介します。私のお勧めです。


1.インストール編
まず、foobar2000公式サイト<http://www.foobar2000.org/>へ行き、ダウンロードします。
ダウンロードページは<http://www.foobar2000.org/download.html>
海外のソフトウェアなので標準では日本語になりません。現在の最新バージョンはv0.9.5.6です。
(すべて英語ですが単語自体は簡単なので理解できるでしょう)
設定(Preferences)の部分は日本語化できるため日本語化パッチを導入します。
パッチの配布サイトは以下の場所にあります。
non existent foobar2000日本語化ページ<http: //ja.wikipedia.org/wiki/Foobar2000>
foobar2000Wiki for Japanese Users<http://foobar2000.xrea.jp/>

おっと、横線に逸れ過ぎた。
まずはソフトウェアを起動。メニュー類は英語のままです。(FileとかEditとかViewとかって言いますね。)
DefaultのPlaylistになっていますのでPlaylistを新しく作ってしまいましょう。
Playlistを作るにはaltキーを押してFileで下キー、少し下に行くとNewPlaylistというのがありますからこれを選択する(ショートカットキーはCtrl+N)。
New Playlistという名前(以降作っていくと末尾に(2)、(3)とついていきます)で出来上がっていますが、そんな名前じゃあつまらない。リネームしてみます。
作ったそのままの状態でaltキーを2回押しタブの名前が呼ばれたら、アプリケーションボタン(右Ctrlボタンの左にあるボタン)を押す。そして下キーを一回押す。
そうすると、Rename Playlistと言いますからそれを選択すれば、リネームできます。好きな名前にしてしまいましょう。

「要はaltキーを奇数回押すとメニューバーへ移動し、偶数回押すととタブのプレイリストに移動します。」

次はPlaylistにオーディオファイルを追加して聞いてみます。
altキーを1回押して、Fileに合わせる。さらに下キーを押してAdd Fileという部分がありますからそれを選択。
次にファイルの選択画面になりますからTabキーを数回押して、ツリービューというところに合わせます。ここで上下やら左右に動かしてファイルを探します。
あとはファイルを探してEnterを押せばプレイリスト内に追加されます。(音楽ファイルは大抵はマイミュージック内でしょうか?)
追加後altキーを数回押してタブに合わせると1/ファイルの再生時間を言います。その時にTabキーを押せば(下キーを1回押すのでもOK)音楽ファイルの方向へカーソルが移動します。
あとは上下にカーソルを移動(1つ以上ある場合)して、ファイル名が言われたらEnterキーを押せば、再生が始まります。意外に簡単でしょ?
止めるときは逆の手順でメニューまで戻り、メニュー内のPlaybackのStopを選択すれば止まります。
まあ、でもこのままじゃあ不便ですよね。なので次回はさらに応用してキーボードショートカットキーの設定、その他いろいろなことをしてみます。
by Blain-Baster | 2008-09-26 23:20 | PC