人気ブログランキング |

できること。できないこと。

2008年 09月 07日 ( 2 )

歌詞の点字データちょこっと公開

まず先にアクアプラスさんからOKとのお返事をいただけたので、同社制作のゲームのOP、挿入歌、EDの歌詞の点字データを公開。

アクアプラス
リーフ(18歳未満は入室禁止です)

必要かどうかは分からないけれど、何となくいるかなって。
種類が増えれば自宅でカラオケできるかもしれないし、歌詞を読んで理解したりと楽しみも増えると思った。
私自身の点字の勉強も含んでる。

公開のページ
http://blainblog.web.fc2.com/braille/braille_index.html

yozuca*とかCooRieとか橋本みゆきのアルバムの点訳データが出せるといいけどね。
ランティスに問合わせ中。OKが出たら公開する予定です。

ダブルクリックすれば解凍しますので解凍ソフトは不要です(自己解凍形式)。
Windows環境下が多いでしょうから手間が少ない様に製作しました。
公開したのは以下のもの。

・To Heart2 >「Heart To Heart」「ありがとう」「星の歌」
・天使のいない12月 >「I hope so...」「ヒトリ」
・Routes、Routes PE >「Routes」「Remote Viewing」「あなたを想いたい」「君をのせて」

使用に際してはまず、中に同梱してある説明書をよく読んでください。

ちなみに墨字(普通の文字データ)じゃないですから、晴眼者の人ではは分からないかもしれません。
(追記)2008.9.9
点訳はオリジナルで、元の歌詞に若干アレンジしてあることもあります。
そのため元の歌詞そのままではないことをご留意ください。
その場合は点字を読む際に障害となると判断したか、点訳者本人が訳しきれないと判断したためと思っていただいて結構です。
「Remote Viewing」なんかはそのまま点訳するとかなり読みづらいので、読みやすく、改良してあります。
by Blain-Baster | 2008-09-07 03:53 | 音楽

KDE4の評判すこぶる悪いね

4.1に少し触ってみた。少し考察してみる。
KDE Acssecibillity Toolをインスト時から内蔵し、いくつか内部的に触って調整。
「日本語を最初から読んでくれると大変助かるだろう。」と思いやってみたが3日かかっても納得するものが出来ず。
ライブラリはクリエートシステム開発の音声合成ライブラリLinux版、ディストリはKubuntu8.04を用いた。日本語化はオリジナルで、更新のみ日本チームのリポジトリで行っている。
・クリエートシステム開発
・Kubuntu公式ページ(英語)
・Ubuntu日本チーム公式サイト
高齢者とかわずかに見えるロー・ヴィジョンの方ならMandriva Linuxでもいいかも。こちらは非常に見やすいそうだ。
・Mandriva社サイト

今回は自分でKubuntuを半分ほどディストリビュートしてみたが(CDをオーバーしてDVDになってしまった)、昔のように楽にはいかなかった。
視覚障害者の方にはKDEをお勧めするが、四肢障害の方はGNOME(ぐのーむ)をお勧めする。

これに限っては出たころから言われていたけど、評判はすこぶる悪い。
より洗練されて使いやすくなっているはずだが・・・。

Konquererのファイルマネージャ機能を分離したことが原因のような気がしてならない。
一元管理は障害があればある程使いやすく、様々なことが出来るはずだ。
Plasmaはいいアイデアでこれから非常に楽しみだ。
Appleが似た手法を用いているが(Cocoa)、スピーチ率が良く、あとわずかなサポートがあれば大丈夫なほどであるからだ(ただし、英語のみ)。

UNIX系環境(X環境というのが正しいか)で安価に使うことができるだろう。
Atomでもグラフィックスを酷使する環境でないのなら大丈夫なはずだ。
5万円以内である程度整備した環境を提供することもできるはずで、ひいては補助金などの歳出を抑えることにもつながるだろう。ディストリはKNOPPIXを使えばよい。

DELLがUbuntu搭載5万円台のミニノートが出たようだ。

続きは後日へ
by Blain-Baster | 2008-09-07 03:30 | PC